Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>Perfumeの幸せとは、そして彼女たちが生き甲斐とするライブのあり方とは



Perfumeインタビュー

 Perfumeのアルバム『PLASMA』がリリースされた。他を寄せ付けない画期的なテクノロジーとの融合で、日本のみならず国外ファンも魅了してきた彼女たちは、コロナ禍に急速に発達し、今となっては当たり前となった配信ライブとライブの最先端を何年も前から追い求め、実現してきた。

 ライブが“アーティストとしての生き甲斐”と呼ぶ彼女たちに最新アルバムとここ最近の近況を聞きに、6月中旬頃に事務所を訪れた私たちは、待機中、取材部屋の外からも聞こえる明るい3人の声に、自然と笑みがこぼれた。そして、Perfumeは久しぶりに会う私たちをとびきりの笑顔で迎えてくれた。(Interview: 永堀アツオ)

――ベストアルバム『P Cubed』を挟み、オリジナルとしては前作『Future Pop』以来、4年ぶりとなる通算8枚目のアルバムが完成した感想から聞かせてください。

あ~ちゃん:うれしいです! ライブをやりたいから新曲を出しているので、自分たちが活動できる原本となるニューアルバムができたことが本当にうれしいです。中田さんっていう神的存在が自分たちのことを、こうなったら面白いんじゃないかって想像してくれたものがここに詰まってて。本当に愛だな~って感じてシビれるほどうれしいし、これでツアーを廻れるんだって思ったらまた楽しみがいっぱい増えて、何度も言いますけど、本当にうれしいですね(笑)。

のっち:ツアーやリリースはあったので、そんなに久しぶりという感じはしなかったんですけど、もう4年も経っていたことには驚きました。そして、できあがったアルバムを聴いてみると、今の世の中をとらえたというか、「Perfumeが今、歌うとしたらこんな感じの曲なんじゃない?」みたいな中田さんからの提案だと思ってて。その提案していただいた雰囲気は、力が入ってなくて余裕がある、かつ希望や優しいメッセージも込められてる。すごく寄り添ってくれてる感じを受け取りました。

かしゆか:コロナでストップした時期を挟んだことで、いつもの流れみたいなものをいったん断ち切って、自分たちがやりたいことをゆっくり考えたり、一番大事だと思えることと向き合えたりする時間ができたんですね。だから、「よっしゃ、ここからエンジン上げてくぜ!」みたいな感じより、肩肘張らずにリラックスできるような、日常に溶け込めて、柔らかい時間帯を感じられるアルバムになってるなと思いました。

――みんなで考えた、気づいた一番大事なものとはなんでしたか?

のっち:やっぱりライブですね。私たちはライブが好きで、ライブのためにいろんなことをしてて。オンラインライブが主流になる前からオンラインで楽しめるようなコンテンツや、テクノロジーとコラボした何か、直接見るだけじゃなくて映像で観るからこそ面白いものをやってきてて。だからこそ、オンラインライブをやってほしいという声もたくさんいただいたんですけど、Perfumeのライブの面白さはやっぱり直接みんなで空間を作り上げることだなって感じてて。オンラインライブの面白さももちろんあるんですけど、あの時期に改めて、生のライブの大事さを再発見できましたね。

あ~ちゃん:本当にそれに尽きると思います。お客さんがどう感じているかはわからないですけど、私たちはそうだと感じました。以前はオンラインでやるからこそ面白い表現をやっていただけで、ライブがオンラインでしかできなくなったときに……それだけが、自分たちの生き甲斐ややりがいとか、自分たちが生きてる心地がする感覚をもらえるものということではなかったですね。だからオンラインだけっていうのは私たちにとっては違ったんですよね。

――Perfumeは今ではドームツアーが当たり前のように行われていますが、ブレイク前から「ライブ中心に活動してます」と言ってましたよね。

あ~ちゃん:そうですね。最初は、ライブしかできなかったから、「ライブ中心です」と言っていて(笑)。テレビに出られるようになって、前よりたくさん方から「ライブが観たい」と言ってもらえるようになってからも、私たちはライブを選んできました。そういう時代からずっと積み重ねてきたものが自分たちの中にもあったんだなって、ライブができなくなったときに特に強く感じました。

――これが私たちの生き甲斐なんだって特に感じたライブはありますか?

あ~ちゃん:昨年8月にぴあアリーナMMでライブ【[polygon wave]】をやった時、拍手ひとつひとつが音と合わさって、自分たちの中で眠っていた“自分たち”みたいなものが呼び起こされる感覚がありましたね。みんな声を出せないはずなのに、会場の中でこだまする拍手の音にすべての魂がこもってて、その魂が自分たちの身をどんどんと作っていく。「あ、再生成されたんだ……」っていう感覚があって、自分たちはやっぱりライブなんだなって感じたんです。みんなと一緒に作るこの空間が何よりの活動の軸なんだなって。それがすごく大事なんだってわかったけど、ライブは当然のように集まれるものじゃないんだとも感じました。もしメンバーがひとりでも体調不良になった場合、ライブを中止にしなくてはならないわけだから、それくらい奇跡的なことなんだなっていうのもわかって。だから、よりご褒美っていうか……だからこそライブをやりたいって思っちゃうし、ライブを実現させたいって思ってくれる人たちのひとりひとりのパワーも上がって、やれることをみんなで一生懸命やって。無事にステージ立てた時は感動しますね。


▲Photos by 上山陽介

――ライブへの思いは中田さんと共有してますか?

かしゆか:ライブの感想は話してないかな。

のっち:でも「マワルカガミ」っていう楽曲をもらって、私たちのライブへの思いみたいなものが中田さんもわかってくれているって驚きました。特に<ステージに立つの>っていう言葉。ライブの会場にいるみんなの話だし、「ステージに立った時にこの曲を歌えるでしょ」っていう中田さんからのエールも感じて。レコーディングの時に「ライブの曲だ!」ってわくわくしましたね。

――ぴあアリーナMMで披露した曲ですが、キラキラしてるのにちょっと泣けるんですよね。

あ~ちゃん:泣けるよねぇ~。

かしゆか:うん。レコーディングで泣きました(笑)。もともとは、ライブのために書いてもらった曲ではなくて、何曲もどんどんレコーディングしていく中で生まれた曲なんですよ。でも、どうしてこんなにも私たちの気持ちをわかってくれるんだろうって感じました。私たちにはステージに立ちたいって思いがあるけど、ステージは私たちだけじゃ成り立たない。僕はただマワルカガミで、みんながいてくれてこそ輝けるっていう思いとか、こういう状況だからこそ、<大丈夫>っていう言葉がすごく響いて。声に背中を押されてる感覚とか、歌詞の全部が痛いほどわかるんですよね。自分がライブで感じてきた、自分だけの思いだったものを、お客さんと一緒に共有できる曲に落とし込んでくれたので、ライブで歌えた時はすっごくうれしかったです。

あ~ちゃん:レコーディングの時は、あんな怖い前奏じゃなかったんですけど(笑)、曲の内容はすっばらしいよね。本当に感動したし、最後の<ステージに立つの>っていう言葉が「シンガーソングライターみたいじゃん。あいみょんみたい!」って思いました。すっごく嬉しかった! 私たちは曲を書いてもらってるので、自分(シンガーソングライター)がステージに立つからこそ書ける歌詞は、あきらめてたんですよ。でも、それを中田さんが書いてくれて。「中田さん、もうPerfumeじゃん!」って思いました(笑)。もう乗り移っているっていうか、中田さんの魂は多分ステージにあるんでしょうね。Perfumeの横並びにきっといる。だからこそ書けるんだって思ったし、憧れがまた1つ叶いましたね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. それぞれの推し曲
  3. Next >


――では、「マワルカガミ」以外のお勧め曲もそれぞれ1曲ずつ挙げていただけますか?

あ~ちゃん:「再生」です! この歌詞、天才じゃないですか。私マジで、もうめっちゃくちゃ笑顔になっちゃうんですよ。初めてやった時をすっごく憶えてるんですけど、振付もめちゃくちゃ好きで。『屍人荘の殺人』のテーマソングをやらせてもらったんですけど、(この映画は)最終的にゾンビなんですよね。でも、「ゾンビって言わないで」って言われてて。でも、振付がめっちゃゾンビなんですよ(笑)。あまりにゾンビ過ぎて「ちょっとNG」って言われて、「振付の表現は自由でしょ」ってアツいものがドンと出ちゃった思い出があります。


――両手を水平にあげて、手首をプラプラさせてますよね。

のっち:最初に振り付けた時はもっとゾンビみたいに歩いてたんでよね(笑)。

あ~ちゃん:そう、ちょっとずつ工夫して、ゾンビ感をなくしていきました(笑)。だからなのか「再生」で見てる景色はいつも明るいです。「再生」が流れると自然とみんなが笑顔になって。メンバーが笑顔だから泣けてくるんですよ。笑い泣き。<再生 再生 再生成>っていう歌詞もすごくしっくり来て、好きです。

――ミュージック・ビデオでは過去のMV映像を振り返ってますよね。

あ~ちゃん:これはいろいろな理由があって、1つは“再生成”なので自分たちがこれまで構築してきたものをまた“再生”しようということ。森の中の有機物とデジタルなものが融合するのが私たちのすべてだっていう。それが1シーンになってるんですよね。この「再生」からの「Spinning World」の流れがもう……もう落としにかかってますよね。すっごく好き! マジで何回も聴いてます! ここを聴きたくてアルバムをリピートするくらい。「再生」と「Spinning World」、これはやばいっす!

――「Spinning World」はアルバムの新曲ですが、カッコいいですよね。ドリーミーなブギーファンクになってて。

あ~ちゃん:うん。超ファンクだと思った。好きぃ!

のっち:アルバムのリード曲なので、テレビでも歌うしMVも作ると聞いていたのですが、アルバムの顔となる曲がこんなにスカしてる曲になって……

あ~ちゃん:ふははは! めっちゃスカされたな~って思ったよね(笑)。

のっち:うん。余裕感のある曲で驚きました。


――(笑)。かしゆかさんの推し曲は?

かしゆか:私も「再生」が好きなんですけど、違うのをあげるとするなら「Flow」ですね。

あ~ちゃん:ああ~! わかる!

かしゆか:今の時代って、情報過多で、流れも速いじゃないですか。当たり前に流されてるけど、たぶん、みんなの心の中って幼少期と変わってなくて。純粋に人間らしいことにときめいたり、心が動いたりする気持ちがあるはずなんですね。周りの情報とか速い時代の流れにあくせくしてるときに、ふと立ち止まって振り返って、「いや、それよりさ、自分の気持ちが大事じゃん」ってことを教えてくれる歌。だけど、押し付けがましくなく、サラッと言ってくれてるところが、優しく寄り添ってくれてる感じがして好きですね。


――アルバム全体として、現在の地点から過ぎ去ったあの頃を振り返りつつ、未来を見つめてる視点を感じました。

かしゆか:うんうん。

のっち:ファンタジー感が強いですよね。もう未来にいる人が作ってるお話みたいな印象があって。私は「ポリゴンウェイヴ」がやっぱり好きです。何度聴いても飽きなくて。中田さんが思い描く未来像が面白いなって思ったのと、「これがSF、近未来だよ!」みたいな感じじゃなくて、その世界観が当たり前みたいな。その世界の人たちが歌ってる曲みたいな感じがかわいくて好きでしたね。<涙って/カクカクしたって流れるわ>とか。なんか作り物の世界を私たちがさまよってる感じ。戸惑ってる感じじゃなくて、当たり前に。MVもそうだし、ライブ映像もAmazonプライムで観れるんですけど、そこでもひときわ華のある曲でした。


――話せば話すほど不思議な感覚もあります。3人はもうアバターライブができるくらいデータもありそうだけど、アルバムを聴くと生バンドを従えたライブにも繋がってるように感じて。

あ~ちゃん:たしかに……。

のっち:データの中だけで生きられそうなくらいデータももうたくさん山ほど撮影してます。

かしゆか:でも、アルバムは前よりも人間味とか生感、温度感がありますよね。

――そうなんですよ。「Drive’n The Rain」なんて、凄腕のスタジオミュージシャンが集結したネオシティポップのようなサウンドですし。

かしゆか:新しいですよね。音は懐かしくて、シティポップ感があるけど、ちゃんと新しくて。でも、私たちが背伸びしてやってる感じが出ていない。今の私たちに合う具合に中田さんが落とし込んでくれたって感じました。夜とか雨とか、そういう温度感とか風とか感じる曲だなって思って。有機的な部分を感じられる曲だなって。

あ~ちゃん:歌うのが難しかった! めちゃくちゃ歌心の指示があって。ここで切るとか、ここ伸ばすとか。しかも、すごく一定の感じだったんですよ。できあがったものには、いろいろ風情が足されてましたけど、レコーディングの時はとにかく<コツコツコツコツ>の中で歌っていく感じだったから、あんまり抑揚もなくてすごい難しかったですね。「私、必要ですか?」って思うくらいデータの感じだったけど(笑)、できあがったら、細かい息づかいや歌心がそれぞれにあって。抑制されてたはずなのにそこが際立ってるんですよ。そこがすごく面白くて。やっぱりPerfumeってそうなんだろうなって思いました。

のっち:歌、難しかったですね。初めての歌い方っていうか。何十年代かわかんないけど、真っ赤な口紅の女の人が歌ってるみたいな(笑)。

あ~ちゃん:口先でね。口を大きく開けずに歌うみたいな。

のっち:そうそうそうそう! そうやって歌った!

あ~ちゃん:わかる! 私も!

のっち:あははははは(笑)。そうそう、ずっとこういう感じの口で(口をアヒル口にする)。大人っぽい曲は今までのPerfumeにもあったけど、ちょっと背伸びした印象だったのが、これは大人っぽい色気のある余裕感みたいな。等身大ではないけど、余裕がある大人っぽさだなって思いました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「今の夢は飛ぶことです」
  3. Next >


――「Drive’n The Rain」では光の未来へと車を走らせますが、他の収録曲にも“未来”や“夢”というワードが散りばめられていますよね。“未来”は以前から多いんですが、今回は特に、改めて小さい頃の夢や情熱、原点を振り返ってる印象があります。皆さんの今の夢を聞いてもいいですか?

あ~ちゃん:今の夢は飛ぶことです。

――それはドームでフライングってことではないですよね?

かしゆか:アナログな吊りしたあと、「もう二度としません」って言ったよね(笑)。

あ~ちゃん:「これは飛ぶではない! 飛ばされている!」って思いました。「意思がない!」って。だから、吊られるんじゃなくて自分の意思で飛びたいんです。それを(真鍋)大度さんが作ってくれないかな~って思ってます。

のっち:あはははは(笑)。私は、その時その時が一番楽しいって思えることが夢ですね。「今が最高、今が一番幸せ」って思えてないと、いつまで経っても幸せにはなれないから。その時の今が一番楽しいって思えてることが夢です。

かしゆか:漠然とした夢だと、今、Perfumeとして海外に行くことができないので、海外で応援してくれている会えない方たちとdocomoの『FUTURE-EXPERIMENT』をやった時みたいに、距離をなくしつつ、そこでさらに温度を感じられるライブができたらいいなっていう夢はあります。時差やラグをなくすことは技術的にできるけど、空間の温度感って何物にも代えがたくて、「ポリゴンウェイヴ」のライブを8月と1月にやった時も、やっぱりみんなで作る空間が好きってことにすごく気づいて。みんなからもらう、そこにしか生まれない、その日しか生まれない温度感と熱量が身体にパワーとして入ってくるんですよね。マスクで顔が隠れていようと、何を思ってるかわかる。そういう温度感を伝えることが距離を感じずにできたらいいなっていう夢はありますね。

――これからのPerfumeはどうなっていきますか? アルバムのタイトルは、固体、液体、気体に次ぐ第4の物質と言われる「プラズマ」を掲げてますよね?

かしゆか:昔のものだとネオン管とかもそうですし、宇宙規模だとオーロラとかもそう。維持し続けていないと存在できないエネルギーみたいな、そういう抽象的で科学的、かつ有機的でアナログだけど近未来みたいな部分が、今のPerfumeっぽいと(中田さんが)思ってくれたんだと思います。

あ~ちゃん:タイトルが決まった時、中田さんは、「発明じゃな~い?」みたいな顔してましたよ(笑)。でも発明だなって思いました。「なんとしっくり来る言葉なんだろう」って。

かしゆか:なんで今まで使ってなかったんだろうって思うくらい、ぴったりでびっくりしました。

あ~ちゃん:コロナで世界が変わった時に提案するアルバムがこういうアルバムだということが非常に私たちらしいなって思います。押し付けがましくなく、無理にテンションを上げさせるアルバムでもないところが、すごくフィットしますね。

――第4章の始まりなんでしょうか?

あ~ちゃん:『LEVEL3』があったからね。でも、まだ4なの? 長いな〜マジで(笑)。

のっち:あははははは!

かしゆか:ふふふ(笑)。新しい時代が始まってる感じはみんな肌で感じ始めていると思うんですよね。一度ストップしてしまった世界が動き出して、自分たちなりにできることや、その中での喜びを見つけてきて始動してる感じがある。その世界の楽しさをもっと伝えていけたらいいなって思います。東京で暮らしている人たちはライブが増えてきたりして、可能性を感じられることはあると思うんですけど、なかなか会いに来られない人たちは、進んでいることを情報として見てはいても、自分の世界とはまだリンクしていないんだと思う。そこをクリアして、次の世界に一緒に行こうっていう空気を作れたらいいなって思いますね。

のっち:そうだね! ある時から言ってるんですけど、Perfumeを見て育った人、Perfumeを見て何かを目指した人たちがそろそろ大人になってくると思うんですよね。そういう人たちともっと出会いたい。出会って一緒に物を作ってみたいですね。でも、そういう人たちって、なかなかそう言ってくれないんですよ、「Perfume好きでした!」って(笑)。だからもっと言ってほしいですし、会いたいですね。

――Perfumeに影響を受けた若手のクリエイターの皆さんはもっと積極的にアピールしてください。最後にあ~ちゃん、まとめてもらっていいですか? 「再生」やPerfumeのヒストリーを再構築したライブ【Reframe Tour】も含めて、ここからまた新たなフェーズに向かってる感じがしています。

あ~ちゃん:たしかにね。自分たちのこれまでの歴史を再構築して新しいものを作って、それを楽しんでくれる人たちがいるって最強だなって思ってて。自分たちの歴史すべてがPerfume。昔のことも肯定してくれたり、好きでいてくれたりする人がいるっていうのは強みです。こんなに長く続くとは思ってなかったけど、長く続けたことで生まれた財産でもあります。これは自分たちにとって何よりかけがえのないもので、多分これからもデータは撮り続けるし、3人の関係性もより良くなっていて。昔から仲はいいんだけど、今はもっと仲がいいんですよ。死ぬほど仲良くて。休みの日も時間を合わせて会っているし、この間も、人生のコンサルティングをしてくれる面白い人に3人で面談してもらったんですよ。好きなことが似てるからなのか、(占い師の)イヴルルド遙華さんの本1冊で一生しゃべれると思うし(笑)。他では出会えないような出会いができてる奇跡的な3人だと思うんで、3人で一緒に居続けることが目標だし、自分たちの夢なので、それをみんなに見届けてもらえてたらいいなって思いますね。

関連キーワード

TAG

関連商品

PLASMA
Perfume「PLASMA」

2022/07/27

[CD]

¥3,300(税込)

PLASMA
Perfume「PLASMA」

2022/07/27

[CD]

¥4,250(税込)

PLASMA
Perfume「PLASMA」

2022/07/27

[CD]

¥4,750(税込)

PLASMA
Perfume「PLASMA」

2022/07/27

[CD]

¥6,450(税込)

PLASMA
Perfume「PLASMA」

2022/07/27

[CD]

¥6,950(税込)

Flow
Perfume「Flow」

2022/03/09

[CD]

¥1,500(税込)

Flow
Perfume「Flow」

2022/03/09

[CD]

¥2,100(税込)

Flow
Perfume「Flow」

2022/03/09

[CD]

¥2,800(税込)

ポリゴンウェイヴEP
Perfume「ポリゴンウェイヴEP」

2021/09/22

[CD]

¥1,980(税込)

ポリゴンウェイヴEP
Perfume「ポリゴンウェイヴEP」

2021/09/22

[CD]

¥3,500(税込)

ポリゴンウェイヴEP
Perfume「ポリゴンウェイヴEP」

2021/09/22

[CD]

¥4,500(税込)

Time Warp
Perfume「Time Warp」

2020/09/16

[CD]

¥2,000(税込)

無限未来
Perfume「無限未来」

2018/03/14

[CD]

¥1,477(税込)

無限未来
Perfume「無限未来」

2018/03/14

[CD]

¥1,731(税込)

無限未来
Perfume「無限未来」

2018/03/14

[CD]

¥2,475(税込)

Perfume Clips 2
Perfume「Perfume Clips 2」

2017/11/29

[DVD]

¥3,300(税込)

Perfume Clips 2
Perfume「Perfume Clips 2」

2017/11/29

[DVD]

¥6,050(税込)

Perfume Clips 2
Perfume「Perfume Clips 2」

2017/11/29

[Blu-ray Disc]

¥4,400(税込)

JPN
Perfume「JPN」

2011/11/30

[CD]

¥2,934(税込)

JPN
Perfume「JPN」

2011/11/30

[CD]

¥3,457(税込)

スパイス
Perfume「スパイス」

2011/11/02

[CD]

¥1,047(税込)

スパイス
Perfume「スパイス」

2011/11/02

[CD]

¥1,572(税込)

モテキ的音楽のススメ 映画盤
(サウンドトラック) フジファブリック Perfume 女王蜂 在日ファンク ももいろクローバー 岡村靖幸 JUDY AND MARY「モテキ的音楽のススメ 映画盤」

2011/08/31

[CD]

¥2,619(税込)

レーザービーム/微かなカオリ
Perfume「レーザービーム/微かなカオリ」

2011/05/18

[CD]

¥1,047(税込)

PLASMA
Perfume「PLASMA」

2022/07/27

[CD]

¥3,300(税込)

PLASMA
Perfume「PLASMA」

2022/07/27

[CD]

¥4,250(税込)

PLASMA
Perfume「PLASMA」

2022/07/27

[CD]

¥4,750(税込)

PLASMA
Perfume「PLASMA」

2022/07/27

[CD]

¥6,450(税込)

PLASMA
Perfume「PLASMA」

2022/07/27

[CD]

¥6,950(税込)

Flow
Perfume「Flow」

2022/03/09

[CD]

¥1,500(税込)

Flow
Perfume「Flow」

2022/03/09

[CD]

¥2,100(税込)

Flow
Perfume「Flow」

2022/03/09

[CD]

¥2,800(税込)

ポリゴンウェイヴEP
Perfume「ポリゴンウェイヴEP」

2021/09/22

[CD]

¥1,980(税込)

ポリゴンウェイヴEP
Perfume「ポリゴンウェイヴEP」

2021/09/22

[CD]

¥3,500(税込)

ポリゴンウェイヴEP
Perfume「ポリゴンウェイヴEP」

2021/09/22

[CD]

¥4,500(税込)

Time Warp
Perfume「Time Warp」

2020/09/16

[CD]

¥2,000(税込)

Future Pop
Perfume「Future Pop」

2018/08/15

[CD]

¥4,054(税込)

Future Pop
Perfume「Future Pop」

2018/08/15

[CD]

¥4,685(税込)

Future Pop
Perfume「Future Pop」

2018/08/15

[CD]

¥5,072(税込)

無限未来
Perfume「無限未来」

2018/03/14

[CD]

¥1,477(税込)

無限未来
Perfume「無限未来」

2018/03/14

[CD]

¥1,731(税込)

無限未来
Perfume「無限未来」

2018/03/14

[CD]

¥2,475(税込)

Perfume Clips 2
Perfume「Perfume Clips 2」

2017/11/29

[DVD]

¥3,300(税込)

Perfume Clips 2
Perfume「Perfume Clips 2」

2017/11/29

[DVD]

¥6,050(税込)

Perfume Clips 2
Perfume「Perfume Clips 2」

2017/11/29

[Blu-ray Disc]

¥4,400(税込)

Perfume Clips 2
Perfume「Perfume Clips 2」

2017/11/29

[Blu-ray Disc]

¥7,150(税込)

If you wanna
Perfume「If you wanna」

2017/08/30

[CD]

¥1,477(税込)

If you wanna
Perfume「If you wanna」

2017/08/30

[CD]

¥1,935(税込)

COSMIC EXPLORER
Perfume「COSMIC EXPLORER」

2016/04/06

[CD]

¥3,300(税込)

COSMIC EXPLORER
Perfume「COSMIC EXPLORER」

2016/04/06

[CD]

¥4,290(税込)

COSMIC EXPLORER
Perfume「COSMIC EXPLORER」

2016/04/06

[CD]

¥4,730(税込)

Cling Cling
Perfume「Cling Cling」

2014/07/16

[CD]

¥1,477(税込)

Cling Cling
Perfume「Cling Cling」

2014/07/16

[CD]

¥1,987(税込)

Perfume Clips
Perfume「Perfume Clips」

2014/02/12

[Blu-ray Disc]

¥6,600(税込)

Perfume Clips
Perfume「Perfume Clips」

2014/02/12

[DVD]

¥3,850(税込)

Perfume Clips
Perfume「Perfume Clips」

2014/02/12

[DVD]

¥5,500(税込)

Sweet Refrain
Perfume「Sweet Refrain」

2013/11/27

[CD]

¥1,047(税込)

Sweet Refrain
Perfume「Sweet Refrain」

2013/11/27

[CD]

¥1,572(税込)

LEVEL3
Perfume「LEVEL3」

2013/10/02

[CD]

¥3,204(税込)

Magic of Love
Perfume「Magic of Love」

2013/05/22

[CD]

¥1,572(税込)

未来のミュージアム
Perfume「未来のミュージアム」

2013/02/27

[CD]

¥1,047(税込)

未来のミュージアム
Perfume「未来のミュージアム」

2013/02/27

[CD]

¥1,572(税込)

Spring of Life
Perfume「Spring of Life」

2012/04/11

[CD]

¥1,047(税込)

Spring of Life
Perfume「Spring of Life」

2012/04/11

[CD]

¥1,572(税込)

JPN
Perfume「JPN」

2011/11/30

[CD]

¥2,934(税込)

JPN
Perfume「JPN」

2011/11/30

[CD]

¥3,457(税込)

スパイス
Perfume「スパイス」

2011/11/02

[CD]

¥1,047(税込)

スパイス
Perfume「スパイス」

2011/11/02

[CD]

¥1,572(税込)

モテキ的音楽のススメ 映画盤
(サウンドトラック) フジファブリック Perfume 女王蜂 在日ファンク ももいろクローバー 岡村靖幸 JUDY AND MARY「モテキ的音楽のススメ 映画盤」

2011/08/31

[CD]

¥2,619(税込)

レーザービーム/微かなカオリ
Perfume「レーザービーム/微かなカオリ」

2011/05/18

[CD]

¥1,047(税込)

ねぇ
Perfume「ねぇ」

2010/11/10

[CD]

¥1,047(税込)

ねぇ
Perfume「ねぇ」

2010/11/10

[CD]

¥1,362(税込)

VOICE
Perfume「VOICE」

2010/08/11

[CD]

¥1,047(税込)