Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>HYDE、ソロ活動20周年の集大成となったオーケストラ・ツアーを振り返る「全てがこのコンサートに重なった」



HYDEインタビュー

 2021年にソロ活動20周年を迎えたHYDE。昨年は【HYDE LIVE 2020-2021 ANTI WIRE】をはじめ、全国でオーケストラ・ツアー【20th Orchestra Tour HYDE ROENTGEN 2021】、京都・平安神宮で【20th Orchestra Concert 2021 HYDE HEIANJINGU】、そしてオーケストラ・コンサートの集大成として 【20th Orchestra Concert HYDE 黑ミサ 2021】を開催してきた。さらにL'Arc〜en〜Cielの30周年を記念した【30th L'Anniversary TOUR】も同時進行でこなしていくという、怒涛の一年だったに違いない。今回は、Blu-ray/DVD『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021』が7月27日に発売されることを記念して、ツアー当時を振り返ってもらうと同時に、今後のアーティストの在り方などを訊いた。(Interview & Text: Tatsuya Tanami / Photo: Kazuko Tanaka(CAPS))

――本日はまず、開催中のツアー【RUMBLE FISH】についてお伺いしたいと思います。いよいよ後半戦に突入ということで、率直に今の心境を教えていただけますでしょうか。

HYDE:ツアーが始まってから、本当に対バンツアーで良かったなって思いました。ワンマンももちろんいいんですけど、井の中の蛙になりがちで自己満足しちゃったりするので。対バンをすることによって、相手が自分たちよりもすごいところがいっぱいあることに気づくし、それを目の当たりにすると、まだまだやらないといけないんだなと。戦いでもありますけど、出てくれてるバンドの皆さんからのリスペクトをすごく感じるので、すごく愛にあふれたライヴになっていて、いい刺激ですね。だから、この後も楽しみです。

――対バン相手のファンを自分の中に巻き込んでいく、虜にしていくような実感はありますか。

HYDE:ありますね。自分たちのやってることに自信があるので。「これをやって駄目なわけないだろ」って思いながらやってます。同時に、僕らのファンも向こうに流れてると思うので、相乗効果で大きくなればいいなと思っています。

――いいですね。今週末(インタビュー当時)には、いよいよHYDEさんの原点ともいえるGASTUNKさんとの対バンがあります。前半後半の出番を入れ替えたのは、やっぱり敬意を表してでしょうか。

HYDE:他の対バンでは僕のステージに出てもらってゲストと一緒に1曲歌ってるんですけど、今回は逆で、僕がGASTUNKのステージで一緒に歌わせていただきたかったので。そうなると自分の出番の前にGASTUNKのステージに僕が出ちゃうと、もうそこでハイライトが来ちゃうから、入れ替えたほうがライヴの流れ的に美しいだろうなって思って。できれば出順を変えていただきたいとお願いしました。

――なるほど、楽しみにしております。そして、今回の映像作品『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021』についてお伺いします。改めて振り返ってみて、どういったツアーだったでしょうか。

HYDE:コロナ禍という状況下においてのアイデアでもあったんです。この形態だと100%お客さんを入れることができるし、来てくれる皆さんも安心して楽しめるという状況を考えると、いいアイデアだなと思ってやりました。お客さん、スタッフ、メンバーもその日に向けて毎日感染対策を頑張っていたし、みんなが待ち望んだ一日なので、演奏だけじゃなく、その前後にも意味があるというか。そういう意味でもすごく意味あるコンサートだったし、僕にしかできないものも多くあったと思います。公演の本数も多かったし、そういうことをできたのも僕ぐらいじゃないでしょうか。

――「僕にしかできない」とおっしゃいましたが、具体的にどういったことでしょうか。

HYDE:僕は状況に応じて柔軟に活動スタイルを変えることができます。このツアーと並行してL'Arc~en~Cielのツアーもあったし。今は激しいライヴを徐々にライヴハウスでできるようになってきたので、変化もつけることができて。普通は、ロックスタイルのライヴができなくなったからと言って、すぐにオーケストラ・ツアーに切り替えるという流れはなかなかできないんじゃないかなと思います。また、20周年というタイミングで、20年前に出したアルバムを演奏できた。リリースした当時はツアーはやってないので、それを20年越しに今やれたというのは必然というか、僕じゃないとできなかった。全てがこのコンサートに重なった感じがします。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 忘れられない平安神宮
  3. Next >

あの日は雨で良かったと
今となっては思います

――今回のオーケストラの方々に、HYDEさんが差し入れをしたり、談笑されていたりする姿がドキュメンタリーに収録されていました。いい意味でリラックスできる、オーケストラに頼ることができる環境の中で『ROENTGEN』の楽曲を再現しているように感じました。

HYDE:やっぱり緊張しているとあまりいい演奏はできないので、オーケストラの皆さんと接する時は普段の自分よりもあえてちょっと砕けさせてましたね。なるべくリラックスしてもらえるように心がけてました。後は女性陣が多いので、差し入れもなるべく見た目が可愛くて喜んでもらえるようなものを選んでました。

――ドキュメンタリーを見てて和みました。ツアーでは『ROENTGEN II』(仮)に収録予定の「THE ABYSS」や「SMILING」を披露されていました。現在『ROENTGEN II』の制作は進んでいるのでしょうか。

HYDE:今は激しいロックスタイルに集中してるので止まってます。しばらくはロックなライヴをやろうと思っているので、『ROENTGEN II』の制作に時間をとられてしまうのは今やるべきことではないなと思って。今はロックな楽曲を作ってライヴをやるべきでしょうし、それと同時進行でぎちぎちにスケジュールを詰め込んで音楽を作るのも、もういいかなって思ってしまって。急いでアルバムは発表しなくて良いかな?ってYOSHIKIさんの悪い影響を受けてます(笑)。

――(笑)。こういうコンセプトにしていきたいという構想は、ざっくり考えてらっしゃいますか。

HYDE:コンセプトは特にないですね。『ROENTGEN』の流れでバラードメインのアルバムにはなると思うんです。オーケストラも使うし、使わない曲もあるし、本当に『ROENTGEN』のまんまなんですけど。それを今の僕がプロデュースする形になると思います。でも、それは随分先の話です。来年かな、再来年かな(笑)。そんなに焦らないでいい曲をじっくり作っていきたいなと思ってます。

――楽しみにしております。恐らく収録されるであろう「FINAL PIECE」も、私結構好きでして。友達も結婚式で「絶対流す」って言ってました。

HYDE:嬉しい!ぜひぜひ。

――【20th Orchestra Concert 2021 HYDE HEIANJINGU】ですが、初日は豪雨で、あれから約1年経ちましたが、今でも鮮明に覚えてらっしゃいますか。

HYDE:悔しかったですね、あの時は。現地にいるファンの皆さんがかわいそうで仕方なかったんです。だけど二日目に自分がやりたかったことはできたわけで。神社は雨が降ると歓迎のサインだとも言われているので、二日間で一つのコンサートと考えれば、初日に雨で歓迎されて、次の日に完璧なコンサートができたという意味では素晴らしいパッケージだと思います。こうやって映像になってみると、雨の日の映像は美しいんです。そういう意味でも、あの日は雨で良かったと今となっては思います。

――プラスに考えると、雨の日の公演は印象に残りますし、ファンにとっても脳裏に焼き付いたコンサートだったんじゃないかなと思います。セットリストで「MY FIRST LAST」をはじめ、洋と和のテイスト、プロジェクションマッピングが融合しているところがこの公演の見どころなんじゃないかと思ったんですけども、どうでしょうか。

HYDE:おっしゃるように、和洋折衷で古の楽器とプロジェクションマッピングという現在のものを使って、時空をあの場所で再現できたことは本当に美しいなと思います。僕自身、小学生の時に平安神宮に修学旅行で行ったことがあるんですよ。そういうのもあって、あらゆる時空が表現できたなと思います。

――また平安神宮で公演をやってみたいなと思いますか。

HYDE:そうですね。雨の日はもう二度と嫌ですが(笑)。今となっては節目節目にあってもいいかなと思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「あの曲は地元で歌うと泣いちゃうんですよね」
  3. Next >


――そしてツアーの最終公演【20th Orchestra Concert HYDE 黑ミサ 2021 Wakayama】には、ゲストに玉置成実さんが出演されました。同じ和歌山県出身ということで、オファーはHYDEさんから?

HYDE:そうです。

――そうなんですね。前々から気になってたのでしょうか。

HYDE:そうですね。以前、和歌山で公演をやった時も、「成実ちゃんも和歌山だな」って心のどこかで思ってたんです。その後、僕が和歌山市のふるさと観光大使になったりして、和歌山の情報を発信することを結構自分でもやってて。今回、和歌山でやるってなった時に、成実ちゃんも出てくれることによってそれがプロモーションにもなるし、彼女が来ることによって彼女のファンも来てくれるしという気楽な気持ちで呼びました。けど、彼女の歌が素晴らしくて。ジャジーにアレンジした「GLAMOROUS SKY」は、彼女の歌声とマッチしてとても美しかったです。本当に呼んで良かったなと思いました。実家も近いんですよ、実は。自転車で行けるくらいの距離で(笑)。

――(笑)。「MEMORIES」を歌われてる際に感極まっていらっしゃいました。ファンに会えた喜びからぐっときたものだったのでしょうか。

HYDE:我ながら秀逸な歌詞と楽曲だと思いますね。いい曲でありながらいい歌詞が書けたので。あの曲は地元で歌うと泣いちゃうんですよね。前回は泣きすぎて歌えなかったから、ちゃんと歌えただけマシです(笑)。地元の思い出とかもう会わなくなった友達のこと、町のこととか考えると泣いちゃいますね、どうしても。

――また今回の映像作品ですが、特典も豪華ですね。

HYDE:ボックスの初回限定盤には横並びに2枚写真が入る真っ黒な写真立てが付いてくるんです。デザインも立体で可愛くできています。そこに入れられるフォトカードが20枚入っているので、お好きなHYDEを選んでもいいですし、自分の写真を入れてもいいですし、飾っていただけるといいなと思います。結構こだわって作っているので、ぜひチェックしてもらいたいです。

――写真立てはデザインから考えられたんですか。

HYDE:もちろんです。僕の背中のタトゥーを立体化したものが入っています。

――おお。初回限定盤ボックスの棺桶もデザインされたんですか。

HYDE:そうそう。元々1stシングル『evergreen』を20年前に出した時に、そのシングルが棺桶型だったのでその時のイメージで作りました。

――棺桶型のデザイン、当時としては珍しいですよね。

HYDE:そうですね。当時とてもお金がかかってレコード会社に嫌がられました(笑)。あと【20th Orchestra Concert HYDE 黑ミサ 2021 Wakayama】の音源が収録されている2枚組のCD、これも結構こだわってミックスしたので、そっちのほうも楽しみにしてほしいです。映像じゃないぶん、例えば家事をしながら奥さまに聴いていただいたり、車の中で聴いてもらったりしてもすごく気持ち良いと思います。楽曲だけでまとめて美しい形にしたかったのでMCは全部カットしています。本当にクラシックなバラードコンサートみたいな感じで聴けるので、そっちのほうもお薦めです。

――BGM的なものとして。

HYDE:そうそう。クラシックを車で聴くような気持ちで聴けると思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. HYDEの成長の先は
  3. Next >

5年後は矢沢永吉さん、目指します(笑)

――今の対バンツアーでもそうなのですが、対バン相手の相乗効果とか、その方々のファンのことも思ってツアーや対バンを組まれてるような印象を持ちました。素晴らしいキャリアを積み重ねてきて、今活躍されているアーティストから尊敬される立場になってきた現在の立ち位置から考えると、後輩へご自身が受けてきたものを還元するような気持ちはありますか。

HYDE:ないですね(笑)。「まだまだ席は譲らねえよ」って感じで。大御所になるほど自分の世界観だけで完結しちゃうじゃないですか。でも、それってコアファンしか付いていかないと思うんです。新しいファンが付いてこないというか。僕はまだまだ今のシーンと絡んでいきたいし、まだまだ後輩のファンに通用する音楽だと思ってやってるし、ライヴ自体もそういうつもりでやってるから、僕自身、本気で戦ってます。対バンってもちろん向こうも吸収するところがあると思いますけど僕もその分吸収してるんで。すごくお互いに成長し合えるツアーじゃないかなと思います。

――ご自身が成長していく部分がHYDEさんの活動の肝のような感じがします。ライヴ活動も大きな部分になっていますか。

HYDE:そうですね。僕自身、目標はまだまだ高く持っていたいので、「もっとこうしたいな」っていう日々なんですけど、それがないと向上しないのでどんどん自分に試練を与えています。対バンが終わった後も、フェスに向けてどんどん進化させていきたいなと思ってます。

――成長が止まるというか、ここでいいかなって踏ん切りがつく日が来ると思いますか。

HYDE:はい。そういう意味でのピークはあと5年ぐらいだと思いますね。あとは技術で表現していくというか、技術以外のところもあると思うんですけど。今は激しいライヴとか、技術だけじゃなく、表現方法もパフォーマンスも伸び代はまだあると思うんですけど、5年ぐらいしたらピークも来るかなと思ってて。そこに向けて今、最大のジャンプをしようとしてるところです。

――-5年後の明確なキャリアや次のステップアップへの構想はもう考えてらっしゃるんですか。

HYDE:5年後は矢沢永吉さん、目指します(笑)。

――矢沢永吉さんを目指すとなれば、やっぱりライヴは欠かせないですね。

HYDE:やったほうがいいと思います。やらないとどんどん忘れちゃうというか、体が退化していくから。矢沢さんの背中を見ながらそう思ってます。矢沢さん自身、1年休んだらそのぶん体は退化したとおっしゃってますしね。やらないと駄目なんだなって、教えに従って。

――これからも活躍楽しみにしています。ありがとうございました。

関連キーワード

TAG

関連商品

ZIPANG
HYDE feat.YOSHIKI「ZIPANG」

2019/02/06

[CD]

¥2,200(税込)

ZIPANG
HYDE feat.YOSHIKI「ZIPANG」

2019/02/06

[CD]

¥3,080(税込)

FAKE DIVINE
HYDE「FAKE DIVINE」

2018/10/24

[CD]

¥1,320(税込)

FAKE DIVINE
HYDE「FAKE DIVINE」

2018/10/24

[CD]

¥2,200(税込)

FAKE DIVINE
HYDE「FAKE DIVINE」

2018/10/24

[CD]

¥3,080(税込)

Red Swan
YOSHIKI feat.HYDE「Red Swan」

2018/10/03

[CD]

¥1,222(税込)

Red Swan
YOSHIKI feat.HYDE「Red Swan」

2018/10/03

[CD]

¥1,019(税込)

AFTER LIGHT
HYDE「AFTER LIGHT」

2018/08/01

[CD]

¥1,320(税込)

AFTER LIGHT
HYDE「AFTER LIGHT」

2018/08/01

[CD]

¥3,080(税込)

VAMPS LIVE 2014-2015
VAMPS「VAMPS LIVE 2014-2015」

2015/06/24

[Blu-ray Disc]

¥8,250(税込)

Bloodsuckers
Vamps「Bloodsuckers」

2014/10/29

[CD]

¥3,300(税込)

Bloodsuckers
Vamps「Bloodsuckers」

2014/10/29

[CD]

¥11,000(税込)

Bloodsuckers
Vamps「Bloodsuckers」

2014/10/29

[CD]

¥4,950(税込)

VAMPIRE’S LOVE
VAMPS「VAMPIRE’S LOVE」

2014/10/08

[CD]

¥1,100(税込)

VAMPIRE’S LOVE
VAMPS「VAMPIRE’S LOVE」

2014/10/08

[CD]

¥3,080(税込)

MEMORIES/GET UP
VAMPS「MEMORIES/GET UP」

2010/12/15

[CD]

¥1,047(税込)

MEMORIES/GET UP
VAMPS「MEMORIES/GET UP」

2010/12/15

[CD]

¥1,572(税込)

BEAST
VAMPS「BEAST」

2010/07/28

[CD]

¥3,204(税込)

BEAST
VAMPS「BEAST」

2010/07/28

[CD]

¥3,666(税込)

ANGEL TRIP
VAMPS「ANGEL TRIP」

2010/06/09

[CD]

¥1,047(税込)

ANGEL TRIP
VAMPS「ANGEL TRIP」

2010/06/09

[CD]

¥1,572(税込)

VAMPS LIVE 2009
VAMPS「VAMPS LIVE 2009」

2010/05/12

[DVD]

¥6,977(税込)

VAMPS LIVE 2009
VAMPS「VAMPS LIVE 2009」

2010/05/12

[DVD]

¥6,977(税込)

DEVIL SIDE
VAMPS「DEVIL SIDE」

2010/05/12

[CD]

¥1,047(税込)

DEVIL SIDE
VAMPS「DEVIL SIDE」

2010/05/12

[CD]

¥1,572(税込)

SWEET DREAMS
VAMPS「SWEET DREAMS」

2009/09/30

[CD]

¥1,047(税込)

VAMPS
VAMPS「VAMPS」

2009/06/10

[CD]

¥3,204(税込)

VAMPS
VAMPS「VAMPS」

2009/06/10

[CD]

¥3,666(税込)

EVANESCENT
VAMPS「EVANESCENT」

2009/05/13

[CD]

¥1,047(税込)

EVANESCENT
VAMPS「EVANESCENT」

2009/05/13

[CD]

¥1,572(税込)

NOSTALGIC
HYDE「NOSTALGIC」

2021/10/06

[CD]

¥1,320(税込)

NOSTALGIC
HYDE「NOSTALGIC」

2021/10/06

[CD]

¥2,420(税込)

ANTI
HYDE「ANTI」

2019/06/19

[CD]

¥3,300(税込)

ANTI
HYDE「ANTI」

2019/06/19

[CD]

¥4,620(税込)

ANTI
HYDE「ANTI」

2019/06/19

[CD]

¥6,050(税込)

ZIPANG
HYDE feat.YOSHIKI「ZIPANG」

2019/02/06

[CD]

¥2,200(税込)

ZIPANG
HYDE feat.YOSHIKI「ZIPANG」

2019/02/06

[CD]

¥3,080(税込)

FAKE DIVINE
HYDE「FAKE DIVINE」

2018/10/24

[CD]

¥1,320(税込)

FAKE DIVINE
HYDE「FAKE DIVINE」

2018/10/24

[CD]

¥2,200(税込)

FAKE DIVINE
HYDE「FAKE DIVINE」

2018/10/24

[CD]

¥3,080(税込)

Red Swan
YOSHIKI feat.HYDE「Red Swan」

2018/10/03

[CD]

¥1,222(税込)

Red Swan
YOSHIKI feat.HYDE「Red Swan」

2018/10/03

[CD]

¥1,019(税込)

AFTER LIGHT
HYDE「AFTER LIGHT」

2018/08/01

[CD]

¥1,320(税込)

AFTER LIGHT
HYDE「AFTER LIGHT」

2018/08/01

[CD]

¥3,080(税込)

UNDERWORLD
VAMPS「UNDERWORLD」

2017/04/26

[CD]

¥3,300(税込)

UNDERWORLD
VAMPS「UNDERWORLD」

2017/04/26

[CD]

¥18,700(税込)

UNDERWORLD
VAMPS「UNDERWORLD」

2017/04/26

[CD]

¥4,400(税込)

UNDERWORLD
VAMPS「UNDERWORLD」

2017/04/26

[CD]

¥5,500(税込)

CALLING
VAMPS「CALLING」

2017/03/22

[CD]

¥1,100(税込)

VAMPS LIVE 2014-2015
VAMPS「VAMPS LIVE 2014-2015」

2015/06/24

[Blu-ray Disc]

¥8,250(税込)

Bloodsuckers
Vamps「Bloodsuckers」

2014/10/29

[CD]

¥3,300(税込)

Bloodsuckers
Vamps「Bloodsuckers」

2014/10/29

[CD]

¥11,000(税込)

Bloodsuckers
Vamps「Bloodsuckers」

2014/10/29

[CD]

¥4,950(税込)

VAMPIRE’S LOVE
VAMPS「VAMPIRE’S LOVE」

2014/10/08

[CD]

¥1,100(税込)

VAMPIRE’S LOVE
VAMPS「VAMPIRE’S LOVE」

2014/10/08

[CD]

¥3,080(税込)

AHEAD/REPLAY
VAMPS「AHEAD/REPLAY」

2013/07/03

[CD]

¥1,676(税込)

AHEAD/REPLAY
VAMPS「AHEAD/REPLAY」

2013/07/03

[CD]

¥1,676(税込)

VAMPS LIVE 2012
VAMPS「VAMPS LIVE 2012」

2013/04/24

[DVD]

¥4,715(税込)

VAMPS LIVE 2012
VAMPS「VAMPS LIVE 2012」

2013/04/24

[Blu-ray Disc]

¥8,172(税込)

VAMPS LIVE 2012
VAMPS「VAMPS LIVE 2012」

2013/04/24

[DVD]

¥6,977(税込)

Halloween Party
Halloween Junky Orchestra「Halloween Party」

2012/10/17

[CD]

¥1,257(税込)

BEAST
VAMPS「BEAST」

2010/07/28

[CD]

¥3,204(税込)

BEAST
VAMPS「BEAST」

2010/07/28

[CD]

¥3,666(税込)

ANGEL TRIP
VAMPS「ANGEL TRIP」

2010/06/09

[CD]

¥1,047(税込)

ANGEL TRIP
VAMPS「ANGEL TRIP」

2010/06/09

[CD]

¥1,572(税込)

VAMPS LIVE 2009
VAMPS「VAMPS LIVE 2009」

2010/05/12

[DVD]

¥6,977(税込)

VAMPS LIVE 2009
VAMPS「VAMPS LIVE 2009」

2010/05/12

[DVD]

¥6,977(税込)

DEVIL SIDE
VAMPS「DEVIL SIDE」

2010/05/12

[CD]

¥1,047(税込)

DEVIL SIDE
VAMPS「DEVIL SIDE」

2010/05/12

[CD]

¥1,572(税込)

SWEET DREAMS
VAMPS「SWEET DREAMS」

2009/09/30

[CD]

¥1,047(税込)

VAMPS
VAMPS「VAMPS」

2009/06/10

[CD]

¥3,204(税込)

VAMPS
VAMPS「VAMPS」

2009/06/10

[CD]

¥3,666(税込)

EVANESCENT
VAMPS「EVANESCENT」

2009/05/13

[CD]

¥1,047(税込)

EVANESCENT
VAMPS「EVANESCENT」

2009/05/13

[CD]

¥1,572(税込)