Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>SUPER★DRAGON、グルーヴィーなパーティーチューン「Summer Party」でとびきりの夏到来!



インタビューバナー

 2022年は5月から毎月連続で楽曲を配信リリースしているSUPER★DRAGON。6月にリリースされた「Cruisin’」は夜の恋模様を描いたダンスチューンで、ボーカル&ラップの滑らかで心地良い掛け合いを聴かせてくれた。続いて7月13日にはチルアウトなムードが夏気分満点の「Summer Party」を配信リリース。グルーヴィ&ソウルフルな世界観を繊細かつセクシーに表現し、ここにきて、まだ知らなかったスパドラの魅力を次々と届けてくれている。今回のインタビューでは、現在のグループのモードから、この2曲の制作の様子、そしてアクシデントを乗り越えた!?「Summer Party」のMV撮影の様子についても9人に語ってもらった。(Interview & Text:上野三樹 / Photo:辰巳隆二)

まだ出会ってない人も巻き込んで
SUPER★DRAGONの魅力を伝えていきたい

――毎月連続で楽曲を配信中ということで、かなり精力的な活動をされていますが、まずは今のグループのモードはどんな感じでしょうか。

古川毅:連続リリースが5月から始まり、今までにないペースで制作に入って、夏のツアーも発表されていたりという動きもあって。今年3月のアルバムリリースから、途切れることなく発信できていることで、ファンの方たちの反応も見れていますし、すごく新鮮に活動ができているところです。ひとつひとつのことを大事にしていきたいなっていう気持ちでやっています。

飯島颯:これまではライブのときやライブ配信があるときくらいしかファンの方とコミュニケーションが取れなかったんですけど、今回は曲を配信するときにTwitterと連動して一緒にリスニングしたりしながら充実したコミュニケーションが取れていて嬉しいですね。

池田彪馬:連続リリースは横浜パシフィコ公演に向けてという目標もあるので、メンバーの中でもモチベーションがより高まっているなと感じます。ジャンくんと和哉が作詞の面でも貢献してくれている部分が大きいので、この連続リリースを通して、音楽的にも進化していきたいし、色んなことを考えながらやっています。


Photo:辰巳隆二

――6月に配信された「Cruisin’」は、ボーカルとラップのリレーがすごく心地良い仕上がりでしたが、制作はいかがでしたか。

ジャン海渡:今回の連続リリースの中で、月ごとに音楽性も含めてこれまでとは違うSUPER★DRAGONの良さを出していこうという感じでやっているんですけど。「Cruisin’」と「Summer Party」は、夜と昼のように正反対な雰囲気を持っている曲です。特に「Cruisin’」はおっしゃっていただいた通り、ラップとボーカルの目まぐるしい切り替えがこのグループの良さを生み出している曲だと思います。なのでラップ陣もレコーディング時はそこを意識していました。その辺のスキルアップも連続リリースの中で感じているし、毎回新しい発見があります。

古川毅:ボーカルでも、前回のアルバム『Force to Forth』とはまた違ったアプローチができていると思っています。曲調にハマるニュアンスで歌うことに対しては、各々がシビアに向き合っていったんじゃないかな。

田中洸希:自分はこの曲を聴いて、そのニュアンスをなかなか掴みづらかったので大変だったんですけど。他のボーカル陣とのバランスを見ながらやっていくというやり方をして、良い発見があったなと感じたレコーディングでした。これって、レコーディングしたのがライブ(春ツアーの最終日)の翌日でしたっけ?


Photo:辰巳隆二

――ライブの翌日に「Brand New Music」の取材で、明日レコーディングなんだってお話されていました。(SUPER★DRAGON、パシフィコ横浜に向けた連続リリースが始動! 飯島颯、池田彪馬、田中洸希がツアーの手ごたえと連続配信の意気込みを語る│https://www.billboard-japan.com/special/detail/3540

田中洸希:そうでしたね。声も死んでたんですけど(笑)。先に歌入れしたメンバーの声を聴くと、モチベーションが上がったので「Cruisin’」を元気に歌えました。


Photo:辰巳隆二

――「Cruisin’」のダンスはどんな仕上がりですか。

志村玲於:ちょうど今やり始めたばかりなので、まだ完成はしていないんですけど。曲自体はゆったりしていますが、疾走感もあるので、ちょっと音に逆らってあえて疾走感のある動きをしていたりするところが見どころです。見ていて驚きもある仕上がりになるんじゃないかな。

飯島颯:そうだね。このダンスの中で、今までに見たことがないフォーメーション移動があるんですよ。

柴崎楽:うん。結構、今までだったら移動して、その場所でしっかりダンスを見せてという形が多かったですけど。こっちで4人が踊って、あっちで5人が踊って、という感じで、視点が切り替わるような面白さのある振り付けになっているので。仕上がりを楽しみにしていてください。

伊藤壮吾:今までも夏らしい曲もやってきていますが、「Cruisin’」はまた新しい印象で見てもらえるんじゃないかなと思います。夏はライブもたくさんありますので、BLUEの皆さんの反応が楽しみです。


Photo:辰巳隆二

――では7月に配信される「Summer Party」に関してもお聞きしたいんですが。グルーヴィでメロウなサウンドが魅力の、この曲の制作はいかがでしたか。

松村和哉:ラップの歌詞を書いたんですけど。割と力の抜けたサウンドだと思ったので、とにかく引き算を意識した、1回ですんなりと耳に入るような言葉選びを心がけました。


Photo:辰巳隆二

――ラップ部分の<溶けるアイス 染みる汗>という描写も良いですね。

松村和哉:それは彼です。

ジャン海渡:初めまして、ジャンです!

一同:(笑)

ジャン海渡:夏ってシンプルめっちゃ汗かくじゃないですか。

古川毅:その言い方(笑)。

ジャン海渡:シンプルめっちゃ汗かくんすよ。なので、アイスも汗も染みるよねっていう、ダブルミーニングにしています。夏といえば青春みたいな感じもあるので、その感じも出したくて。


Photo:辰巳隆二

――ではボーカル陣はどんな歌入れでしたか?

古川毅:ここまでメロウでソウルの要素も入ったサウンド感も今までなかったので、本当にグルーヴが重要な曲だなと思いました。譜割りの刻みも難しいので、そこは気持ち良く聴こえるようにストイックに向き合いました。歌う前にいろんなイメージをしてレコーディングに臨むんですけど。この曲は僕の中ではアウトプットするときに、RHYMESTERのMummy-Dさんのリズム感とかを無意識でイメージしていた気がします。

池田彪馬:僕は1番最初のAメロを歌ってるんですけど、そこはスッと耳に馴染むような、気だるさもニュアンスとして入れて歌っています。サビでは少しセクシーさも入れながら歌っているので、その対比もフックとして聴いてもらえたらと。

田中洸希:確かに脱力感みたいなところは少し意識したかもしれないですね。それでいてグルーヴ感も意識して。今回はハモリとかコーラスの部分をたくさん担当させてもらったので、すごく試行錯誤しながらやったんですけど。あまりそういう役を担当したことがなかったので、すごく楽しかったです。


Photo:辰巳隆二

――では「Summer Party」のMVの撮影はいかがでしたか?

志村玲於:実は撮影の日が大雨だったので屋外でのダンスシーンが撮れなくて、パフォーマーとしてはちょっと心残りではあるんですけど(笑)。だいぶ完璧に仕上げて、さあ行くぞ!ってなったときに雨降っちゃったので……。

柴崎楽:撮影前にパンプアップまでしてたもんね(笑)。

志村玲於:腕を見せたかったんでね~(笑)。パフォーマンスはかなり気合いが入ってるんですがMVでは発揮できなかったので、生で観ていただけるときまでのお楽しみということで。

飯島颯:その分、今回のMVではパフォーマーもダンスではなく、例えばサングラスのソロパートなどイメージカットを普段より多く撮影していただいたので、そこも新鮮かなと思います。家に9人が集まってキッチンやリビングでくつろいでるような夏の合宿みたいな雰囲気で撮影できました。照明のおかげで晴れてるような感じが出ていますけど、外は雨がどしゃ降りで風もビュンビュンいってて、かなり思い出に残る撮影でした。


Photo:辰巳隆二

――この夏はファンクラブツアーもありますが、どんな内容になりそうですか。

伊藤壮吾:ファンクラブツアーの方は、BLUEの皆さんが「これは観たいでしょ!」と思うものをお届けしたいなと思います。新曲もふんだんに初披露していきますので楽しみにしていてください。

ジャン海渡:ファンクラブツアーはBLUEのみんなと距離感が近くなるライブだし、ずっと応援してくれている人は特に楽しみにしてくれていると思います。よりアットホームな、「SUPER★DRAGONの部屋へようこそ!」みたいな雰囲気でやっていきたいなと思います。


Photo:辰巳隆二

――今後まだまだ楽曲の配信など楽しみですが、今年の下半期はどんな活動にしていきたいですか。

古川毅:連続配信リリースの中で、今までになかったタイプの楽曲をお届けできていると思うし、そういう意味ではまだまだ挑戦の最中。BLUEのみんなはもちろん、まだ僕らに出会ってない人も巻き込んで、SUPER★DRAGONの魅力をどんどん伝えていけるような活動にしていきたいです。

飯島颯:そうだね。夏のファンクラブツアーや秋のツアーで、またパフォーマンスの新しい観せ方も研究しながら、スパドラ全員で成長していけたらなと思っています!


Photo:辰巳隆二

サイン入りチェキをプレゼント!

田中洸希さんのサイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼント!

Billboard JAPANの公式Twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)をフォロー&ハッシュタグ「#スパドラ_BBJ」をつけて、ツイートしたら応募完了です。下記注意事項をご確認の上、ふるってご応募ください!
なお、他のメンバーのチェキプレゼント企画につきましては、後日アナウンスいたします。お楽しみに!(※池田彪馬さん、飯島颯さんは募集終了しております。)

・応募締め切り:2022年7月21日(木)23:59
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMをお送りします。当選時に@Billboard_JAPANをフォローされていない場合、当選は無効となります。
・チェキは選べません。ご了承ください。

関連キーワード

TAG

関連商品

SWEET DEVIL
SUPER★DRAGON「SWEET DEVIL」

2018/08/01

[CD]

¥1,019(税込)

SWEET DEVIL
SUPER★DRAGON「SWEET DEVIL」

2018/08/01

[CD]

¥1,019(税込)

Monster!
SUPER★DRAGON「Monster!」

2018/01/31

[CD]

¥1,019(税込)

Monster!
SUPER★DRAGON「Monster!」

2018/01/31

[CD]

¥1,019(税込)

Monster!
SUPER★DRAGON「Monster!」

2018/01/31

[CD]

¥1,019(税込)

ワチャ-ガチャ!
SUPER★DRAGON「ワチャ-ガチャ!」

2017/06/28

[CD]

¥1,019(税込)

ワチャ-ガチャ!
SUPER★DRAGON「ワチャ-ガチャ!」

2017/06/28

[CD]

¥1,019(税込)

ワチャ-ガチャ!
SUPER★DRAGON「ワチャ-ガチャ!」

2017/06/28

[CD]

¥1,019(税込)

1st Impact
SUPER★DRAGON「1st Impact」

2017/01/18

[CD]

¥3,080(税込)

Pendulum Beat!
SUPER★DRAGON「Pendulum Beat!」

2016/11/16

[CD]

¥1,019(税込)

Pendulum Beat!
SUPER★DRAGON「Pendulum Beat!」

2016/11/16

[CD]

¥1,019(税込)

Pendulum Beat!
SUPER★DRAGON「Pendulum Beat!」

2016/11/16

[CD]

¥1,019(税込)

SWEET DEVIL
SUPER★DRAGON「SWEET DEVIL」

2018/08/01

[CD]

¥1,019(税込)

SWEET DEVIL
SUPER★DRAGON「SWEET DEVIL」

2018/08/01

[CD]

¥1,019(税込)

Monster!
SUPER★DRAGON「Monster!」

2018/01/31

[CD]

¥1,019(税込)

Monster!
SUPER★DRAGON「Monster!」

2018/01/31

[CD]

¥1,019(税込)

Monster!
SUPER★DRAGON「Monster!」

2018/01/31

[CD]

¥1,019(税込)

ワチャ-ガチャ!
SUPER★DRAGON「ワチャ-ガチャ!」

2017/06/28

[CD]

¥1,019(税込)

ワチャ-ガチャ!
SUPER★DRAGON「ワチャ-ガチャ!」

2017/06/28

[CD]

¥1,019(税込)

ワチャ-ガチャ!
SUPER★DRAGON「ワチャ-ガチャ!」

2017/06/28

[CD]

¥1,019(税込)

1st Impact
SUPER★DRAGON「1st Impact」

2017/01/18

[CD]

¥3,080(税込)

Pendulum Beat!
SUPER★DRAGON「Pendulum Beat!」

2016/11/16

[CD]

¥1,019(税込)

Pendulum Beat!
SUPER★DRAGON「Pendulum Beat!」

2016/11/16

[CD]

¥1,019(税込)

Pendulum Beat!
SUPER★DRAGON「Pendulum Beat!」

2016/11/16

[CD]

¥1,019(税込)