Billboard JAPAN


Special

<インタビュー >RAISE A SUILEN ポラリティを感じさせるニュー・シングル『EXIST』



RASインタビュー

 メディアミックス・プロジェクト『BanG Dream!』の人気バンド、RAISE A SUILEN(以下、RAS)がニュー・シングル『EXIST』を2021年4月21日にリリースする。バンドメンバーのRaychell(Ba. & Vo.)が声を務めるTVアニメ『擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』のオープニング曲「EXIST」とエンディング曲「Embrace of light」を収録するこのシングルは、RASの両極が楽しめる一枚だ。2018年の結成後、ライブのスケールも会場の大きさもパワーアップしているRASは、5月からはバンド初のツアーを開催。勢いを増すRASが全国に元気を届けることだろう。

 ニュー・シングルの発売を前に、『BanG Dream!』レイヤ役のRaychell と、チュチュ役の紡木吏佐(DJ)の対談が実現。結成前の出会いから楽曲制作の裏側、ライブの意気込みまで、たっぷりと語ってもらった。

「気持ちは5人だよ」っていう連絡を
ライブ前にわざわざ送ってくださったんです(紡木)

――まずは、お二人の初対面のときの第一印象から伺ってもよろしいですか?

Raychell:さっきもメイク中に携帯で昔の写真見せて、「この吏佐、可愛いねぇ」って話をしてたばっかりだったんですけど(笑)。

紡木吏佐:あはは、「懐かしい」って話してて。

Raychell:初対面のときは、この会議室(※取材はブシロード会議室で行われた)の隣のお部屋で打ち合わせをしていて、そこで「新しくDJの子が入ります」と伝えられて。「どんな子だろう?」と思っていたら、吏佐が「遅れてすみません!」と入ってきたんです。

紡木:私はその数分前に、別のスタッフさんから「あなたは『バンドリ!』の新しいバンドのメンバーになります」って初めて聞かされたんですよ。「へぇ?! 『バンドリ!』に入れるんですか? 楽器はなんですか? ギターですか? ベースですか? ドラム? まさかボーカル?」と思ったら、まさかのDJ! それで「もうメンバーは皆、先に集まっているので」と会議室に案内されたんですよ!

Raychell:最初はすごく腰が低くておとなしくて、今みたいに「ウェーイ!」って感じじゃなかったんです。それが第一印象ですね。

紡木:まず、『バンドリ!』加入に、しかもDJってあたふたして、扉を開けたらもう異色のメンバー勢揃いの色濃い会議室で、そりゃ無口になりますよね。「どうしたらいいのこれ〜」みたいな(笑)。その中でもチェルさん(Raychellの呼び名)はきれいなお姉さまという印象で、これからどんなバンドになるんだろうって思いました。

Raychell:音の方向性も気になってました。すでにPoppin’PartyさんとRoseliaさんと、あとAfterglowさん、Pastel*Palettesさん、ハロー、ハッピーワールド!さんの5バンドがいて、しかもハロハピさんにもDJがいる。「リアルバンドでのDJってどうなるんだろう?」と。

――お互いの最初の会話の内容は覚えてますか?

Raychell:たしかミーティングの後に「みんなで食事に行きましょう」と、イタリアンのレストランでランチしたんです。

紡木:うんうん、行きました、行きました!

Raychell:そのときは「なんか楽器やってた?」とか、そんな話をしましたね。

紡木:「お互いどういう人生を歩んできましたか?」みたいな。

Raychell:「出身どこ?」とか「音楽なにやってた?」とか。吏佐と玲鳳ちゃん(Key. 倉知玲鳳)と莉子ちゃん(Gt. 小原莉子)は声優さんなので、どういう仕事をしたか、みたいな話とかも。私は人見知りなので、最初は皆が話している様子を見ていました。

紡木:私も様子を見てました。会話に間ができたら、スパゲッティをとりあえず食べるっていう(笑)。

――今のお二人の雰囲気からは考えられませんね。

紡木:最初の日はそんな感じでしたね。「どんなバンドになるんだろう」って思ってました。

Raychell:年齢もバラバラだし、それこそ畑も違うしね。

紡木:「統一感ってどこ!」 みたいな。

Raychell:本当に(笑)。

――先程の写真撮影中もすごく楽しそうでしたし、本当に今の雰囲気からは想像できないです。何がきっかけでこの距離感になったのでしょうか?

Raychell:やっぱり時間を重ねていって、吏佐っていう子を知っていったというか。「こういう子なんだ〜」みたいな(笑)。

紡木:なーにー(笑)?

Raychell:もう、すごく大好きなんです。

紡木:嬉しい! 私が最後にRASに加入したし、DJの経験もなかったので、「私がここに入って何が貢献できるんだろう?」と、最初はすごく悩んでいました。そんなときに、ライブのリハ後にチェルさんがご飯に誘ってくれたんです。

――優しいですね。

紡木:そこで色々相談にのってもらって、「パフォーマンスの司令塔的な、お客さんを率先して盛り上げるようなことをしていったらいいんじゃないかな」という、今のライブパフォーマンスにつながる言葉をくださって、すごく私や皆のことを見ているんだな、本当に素敵な方だなって……。一番嬉しかったのが、私がまだRASのステージに出演しないときも、「吏佐がRASのメンバーとして発表されるときに盛り上がれるようなステージをやってくるからね。気持ちは5人だよ」っていう連絡をライブ前にわざわざ送ってくださったんです。チェルさんは心から大好きな先輩です。

Raychell:自分が吏佐の立場だったら、多分「怖い」と感じると思うんです。やっぱり彼女もすごく不安そうだったので、「大丈夫だから」って言ってあげたかった。YouTubeにその時のライブ動画が上がってますけど、登場シーンからの「R·I·O·T」をやってね。

紡木:やりました! 超嬉しかったぁ!

Raychell:ぶちあがって、本当に最高な時間になりました。

紡木:やっとみんなと一緒にステージに立てたっていう想いでいっぱいでした。ハピネスでしたね!


――今のお話を伺って、「バンドっていいな」と改めて思いました。

Raychell:そうですよね、本当にそう思います。

紡木:青春です。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「EXIST」はこれまでにない曲
  3. Next >

「EXIST」はこれまでにない曲
ライブでもどういう感じになるのか楽しみ(Raychell)

――Raychellさんはボーカルとベースを担当されていて、紡木さんはDJのほかにラップパートを担当する楽曲もあります。Raychellさんと紡木は声の印象もかなり違いますし、ライブではお互いの存在をどのように見ていますか?

Raychell:DJチュチュのラップは楽曲によって有り無しですが、彼女がラップで加わってくれることで、RASの武器が増えたと思います。私のボーカルだけじゃ引き出せない楽曲のスピード感や、盛り上げたりする空気感も作ってくれる。他のメンバーのコーラスもそうですし、おっしゃるように、声質が皆、全然違うので、本当にいい意味で、声が混ざってないんですよ。それがRASらしさになっている。だからこそ、私も思いっきり暴れて歌うことができます。レコーディングで「Raychellさんはもっと暴れちゃっていいです」って言われるんですけど、そうやらせてもらっても、コーラスとラップが支えてくれるから安心できる。私がそうやって自由にレイヤとして歌ってもバランスがとれるというか、チュチュのこの声は、RASの最高の武器だと思ってます。欠かせないです。

紡木:はぁ、嬉しい(笑)。最初はずっとチュチュのラップはなくて、普通にチェルさんのメインボーカルでRASは完成されていました。それが「EXPOSE 'Burn out!!!’」が届いたときに「紡木さん、今回ラップがあります」と言われて、「ラップ? どえらいこっちゃ!」と驚きました。

――DJに続いてラップも未経験からのチャレンジだったんですね。

紡木:当時は足を引っ張りたくないという一心でやっていました。チェルさんの声って、ライブがCDと変わらないどころか、もっと厚くなるし、音もぶれないし、圧もすごいし、ビブラートも綺麗で、もう本当にすごい。だからこそ邪魔したくない、足を引っ張りたくない、このRASの楽曲に泥を塗りたくないと思っていました。曲が増えてリハーサルやライブを重ねていき、チェルさんとコール&レスポンスを一緒にやって、言葉を生で受けると、ラップの仕方がその場で見つかることもすごく多いんです。そういう経験を積み重ねて、どんどん上を目指せるラッパーに……ラッパーでいいの?

Raychell:うちの大事なラッパーですよ。お互い、ライブ中、楽しいもんね。

紡木:二人でラップをしあうパートや掛け合いみたいな感じの曲も増えてきて、すごく楽しいですね。

Raychell:二人でお客さんを煽ったりして、楽しいよね。ライブで声を出せた頃は「騒げ!歌え!」みたいな。

紡木:そう! 「お前ら歌え! かかってこい!」って。

Raychell:それがもう、ほんっとうに楽しくて! 最高の仲間を手に入れたなって思います。

――紡木さんはリアルバンドのほうで初挑戦することが多かったとのことですが、Raychellさんは『バンドリ!』のアニメやゲームのアフレコなど、声優として初挑戦が多かったのではないでしょうか?

Raychell:そうなんです、超大変でした。

――そのときは紡木さんが何かアドバイスをされたのでしょうか?

紡木:いやいやいや〜。

Raychell:アフレコ現場では他のバンドの皆さんも毎回一緒だったので、自然とバンドごとに集まって座るんですよ。ポピパさん、Roseliaさん、RASみたいな感じで(笑)。吏佐や玲鳳ちゃん、莉子ちゃんとか、夏芽(Dr.)とか、みんな集まって休憩中にお菓子を食べたりして。そこで、絡みのシーンやセリフの練習をしてると、次のセリフの子がどんどん入ってきて、休憩時間も読み合わせをしてもらいました。初めて声優をやらせてもらったので、セリフにない感情表現をのせる息遣いの出し方が最初はよくわからなくて、よく皆に聞いてました。

紡木:うん。

Raychell:そしたら吏佐が実際にやってくれて、「あ、こういう感じか!」と理解したり。

――声優の呼吸法とボーカリストの呼吸法は異なるのでしょうか?

Raychell:声優さんが表現で使っているような息のバリエーションが私には全然なくて。吏佐含め、玲鳳ちゃんや莉子ちゃんには、すごく助けてもらいましたね。「このセリフ、“泣きながら”って台本に書いてあるけど、どうやってやるの~?」とか、結構聞いたよね(笑)。

紡木:私みたいなペーペーにも「ここはどうしたらいいかな」って、一つ一つ、色々と尋ねてくれて、お仕事にとてもストイックに向き合っていて、素敵な方だなと思いました。それに、チェルさんはアニメもすごくチェックしていましたね。

Raychell:「今はどのアニメが面白い?」って聞いたら、吏佐たちがたくさん教えてくれるので、「じゃあ、今度観てみるね」って。逆に「何、観てるんですか?」って聞かれることもあって、お互いに情報交換したりして、そこで勉強して、技を盗もうとしてます(笑)。

――お二人共、未経験のジャンルに対して熱心な姿勢が伺えますね。そしてRASの7枚目のシングル「EXIST」は、アニメ『擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』のオープニング・テーマ、そしてカップリングの「Embrace of light」はエンディング・テーマになっています。しかも、Raychellさんが声優として参加されているという!

Raychell:そうなんですよ。ありがたいことに。

紡木:素敵……!

Raychell:光栄なことに、RASでオープンエンドを歌わせてもらい、なおかつ私は花風エレーナというキャラクターも演じられるという……。本当に嬉しいことが重なっちゃったって感じです。

――「EXIST」は、和を感じさせる楽曲です。

Raychell:今までのRAISE A SUILENにない和ロックなテイストになっていまして、歌詞がものすごいんですよ。恨み辛み、人情のドロドロの部分が入っていて、レコーディングのディレクションのとき、最初は普通に歌っていたんですけど「Raychellさん、次はもうちょっと恨んで(いるように歌って)みましょう!」と言われまして(笑)。ちょっと憎しみを込めて歌ったら「いいですね。じゃあ、次は人を殺す勢いで行きましょう!」みたいな(笑)。

紡木:えぇー! そんなディレクションあるんですね(笑)。

Raychell:「え、人を殺したことないけど!?」って思いながらも(笑)、そういう気持ちをこめて歌いました。「もっと念を込めましょう!」みたいな。

紡木:込もってます!

Raychell:込もってたでしょ? 私が最初にレコーディングしたんですけど、そのあとメンバーにそのテイクを聴いてもらったら、夏芽なんて「ねぇ、怖かったんだけど……」って言ってて! 吏佐も言ってたよね?

紡木:ほんっとうに怖くて……最初に音源が届いたときは「わーい! RASの新曲だぁ!」って夜中に一人で聴いたんですけど、マジで怖すぎました! しかもノイズキャンセリングのヘッドホンで聴いてたので、怖すぎて、途中で止めて、テレビつけて寝ました(笑)。

Raychell:あはは(笑)。

――ホラー映画を観た後の人がやることですよ、それ!

紡木:それくらい世界観が濃いんですよ。これまでのRASは、前のめりのロックというか、爽快感、疾走感のある、激しい感じの曲が多かったんですけど、これはまた違った曲ですね。新たなRASの一面が聴けると、絶賛推してます!

Raychell:「EXIST」はこれまでにない曲だけあって、ライブでもどういう感じになるのか楽しみです。バックにアニメの映像を流して歌いたいですね!

紡木:それは最高ですね。和ロックにチェルさんの声が、これまたすごく合っていて素敵なんですよね〜。本当にお気に入りで、最近はずっとこの曲を聴いてます。推しです!

Raychell:怖くて途中で止めたのに?

紡木:やっと慣れてきて! 最後の終わり方も怖いですよね。

Raychell:確かに。クセになる感じで、本当にスルメみたいな曲です。

紡木:皆さん、ぜひ何度でも聴いてくださいね。

Raychell:カップリングの「Embrace of light」はエンディング・テーマになっていて、「EXIST」とは真逆の雰囲気で、母性溢れる光とか未来を感じさせられるような曲になっています。歌い方もこちらは優しさを込めて歌いました。なので、この2曲はアニメの世界観に浸っていただきながら、歌詞も読んでもらえたら、よりいいと思います。


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 私達はいつでもウェルカムでいたい
  3. Next >

ライブに来られるようになったとき
私達はいつでもウェルカムでいたい(Raychell)

――3曲目の「OUTSIDER RODEO」は、ザ・RASといえる、アゲアゲな曲ですね。

Raychell:これはもう、アゲアゲベイベーですね!

紡木:安定のRASな感じです。

Raychell:これはスマホ向けゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』のイベント曲でして、ロックとマスキングがバッチバチに戦うような楽曲です。特にドラムとギターがカッコよくて、ラップも入ってくるし、めちゃめちゃかっこいいよね!

紡木:新しいラップで、三拍子なんです。三拍子じゃないか、なんだこれは……(思い出しながら)。

Raychell:三連符?

紡木:そう、三連符! 今までにないリズム展開で三連符のラップになっているので、歌っててすごく楽しかったです。こういう韻の踏み方、リズムの取り方のラップもあるんだって、また新しいお勉強になった曲でした。

Raychell:RASっぽいんですけど、RASの進化を感じるようなサウンドですね。しかも、この曲って実はめちゃめちゃ演奏のリズムが速いんですよ。

紡木:たしかに!

Raychell:すごく速いし、ベースの演奏も大変で。歌もパワフルに歌い上げてるので、これは完全にライブ映えですね。

紡木:絶対に盛り上がりますね!

Raychell:ぜひ聴きこんでライブに来ていただきたいです。

――ライブといえば、5月から待望の東名阪Zeppツアー【RAISE A SUILEN ZEPP TOUR 2021「BE LIGHT」】が始まりますね。

紡木:ありがたい……。

Raychell:すごく嬉しいですし、しかも東名阪! 最初、東名阪を知らなかったんですよ、この子(笑)。

紡木:トウメイハン? 豆板醤みたいで美味しそうな名前だなって思ったら、「東京・大阪・名古屋」なんですね。

Raychell:東阪名になっちゃったね。

紡木:東、名、阪。覚えました!

Raychell:RASでツアーさせてもらえるなんて、初めてで嬉しいです。

――全国のファンの人もきっと待ちきれないでしょうね。

Raychell:このご時世だから、一か所の会場じゃなく、こうやってツアーで行けることが本当にありがたいです。やっぱり私たちはライブから始まっているライブバンドだし、生の音を届けて、一緒に『バンドリ!』を感じてもらうのが一番嬉しいんです。それに、日本だけじゃなくて世界中でライブをしたいですね。

紡木:行きたーい! 海渡らせてー! おねがーい!

Raychell:チュチュがこんなにインターナショナルなキャラクターで、吏佐は英語も喋れる。それこそ最初のミーティングで「RASは世界で活躍してもらうつもりです」と言われていたんです。だからこそ、海外に行ってたくさんライブしたいよね。

紡木:やりたーい! デビュー・シングルでも言ってるんですよ、(歌い出す)<せかいーへとーひょういーする♪>って! 憑依したい! なんだ、このご時世は!

Raychell:もう、本当に行きたくて(笑)。SNSを見ていても、海外のファンの方も多いんですよ。生配信したときも、色々な国の言葉でたくさん話しかけてくださったし、そんな皆さんに早く会いに行きたいですね。

紡木:その一歩として、最近はスタッフの皆さんや会場に来てくれるお客さんのご協力もあり、やっとお客さんの顔を見ながらライブができるようになってきました。それは本当に嬉しいです。この調子で地球が元気になっていけばいいのにな〜って思っております。

Raychell:さまざまな事情で会場に来るのが難しい方はどうしてもいるじゃないですか? もう少し時間が経って、皆さんがライブに来られるようになったとき、私達はいつでもウェルカムでいたいんです。そのためにも気合いを入れて、このツアーを越えて、またその先に続くライブを重ねていけるように頑張りたいです。

サイン入りチェキをプレゼント

写真

取材時に撮影したRaychellと紡木吏佐のサイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼント!
Billboard JAPANの公式Twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)をフォロー&ハッシュタグ#RAS_EXIST_BBJをツイートして、応募完了です。下記注意事項をご確認の上、ふるってご応募ください!

・応募締め切り:2021年4月25日(日)23:59
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMをお送りします。当選時に@Billboard_JAPANをフォローされていない場合、当選は無効となります。
・種類は選べません。

関連キーワード

TAG

関連商品

EXIST
RAISE A SUILEN「EXIST」

2021/04/21

[CD]

¥1,650(税込)

EXIST
RAISE A SUILEN「EXIST」

2021/04/21

[CD]

¥7,150(税込)

タイトル未定
RAISE A SUILEN「タイトル未定」

2019/06/19

[CD]

¥1,430(税込)

タイトル未定
RAISE A SUILEN「タイトル未定」

2019/06/19

[CD]

¥6,930(税込)

R・I・O・T
RAISE A SUILEN「R・I・O・T」

2018/12/12

[CD]

¥1,430(税込)

R・I・O・T
RAISE A SUILEN「R・I・O・T」

2018/12/12

[CD]

¥5,500(税込)

EXIST
RAISE A SUILEN「EXIST」

2021/04/21

[CD]

¥1,650(税込)

EXIST
RAISE A SUILEN「EXIST」

2021/04/21

[CD]

¥7,150(税込)

Sacred world
RAISE A SUILEN「Sacred world」

2020/10/21

[CD]

¥1,430(税込)

Sacred world
RAISE A SUILEN「Sacred world」

2020/10/21

[CD]

¥6,930(税込)

タイトル未定
RAISE A SUILEN「タイトル未定」

2019/06/19

[CD]

¥1,430(税込)

タイトル未定
RAISE A SUILEN「タイトル未定」

2019/06/19

[CD]

¥6,930(税込)

R・I・O・T
RAISE A SUILEN「R・I・O・T」

2018/12/12

[CD]

¥1,430(税込)

R・I・O・T
RAISE A SUILEN「R・I・O・T」

2018/12/12

[CD]

¥5,500(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】ジャニーズWEST『でっかい愛/喜努愛楽』17.3万枚で現在シングル1位

  2. 2

    <ライブレポート>玉置浩二、2015年から続くオーケストラ公演の集大成ツアー終了。公演最大規模のホールで千秋楽

  3. 3

    【ビルボード】King & Prince『Re:Sense』が総合アルバム首位

  4. 4

    【先ヨミ】SHINee『SUPERSTAR』71,347枚を売り上げアルバム首位走行中 TWICE/日プ2が続く

  5. 5

    伝説のBiS脱退公演から8年……ワッキー改め友里加(Aglet)本格再始動記念インタビュー解禁「みんな頑張っている、私も負けるわけにはいかない」

HOT IMAGES

注目の画像