Billboard JAPAN


Special

<特集>映画の登場シーンとともに振り返るホイットニー・ヒューストンの輝かしいキャリア



コラム

 伸びやかな歌声と唯一無二の存在感で、世界中のリスナーを魅了してきたホイットニー・ヒューストン。“歌姫”というキャッチコピーを定着させ、今も生き続ける彼女の人生が、『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家により作品化された映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』でスクリーンに蘇る。名曲の数々はもちろん、彼女の心情や当時の苦悩も垣間見られるドラマティックな展開に惹きこまれることだろう。彼女の輝かしいキャリアを、映画にも登場する重要な出来事と一緒に紹介する。(Text: 本家一成、Mariko Ikitake)

“歌うために生まれてきた”ザ・ヴォイス

 ホイットニー・ヒューストンは、1963年8月に米ニュージャージー州ニューアークで生まれた。母のシシー・ヒューストンは、スイート・インスピレーションズという女性ボーカル・グループのリード・ボーカルとして活躍し、身内にも「愛のめぐり逢い」(1974年)などのヒットで知られるディオンヌ・ワーウィック、ゴスペル畑の名歌手ディー・ディー・ワーウィック姉妹がいるため、まさに“歌うために生まれてきた”生粋のボーカリストといえよう。

 母親直伝の歌声はたちまち周囲を魅了し、幼少期は教会の聖歌隊で、11歳の時には聖歌隊のソリストとしてパフォーマンスするなど、既にスターとしての基盤を確立。その後、ニューヨークのナイトクラブでプロデューサーのクライヴ・デイヴィスにスカウトされ、1983年に弱冠19歳で<アリスタ・レコード>と契約したホイットニーは、翌84年に故テディ・ペンダーグラスとのデュエット「ホールド・ミー」で正式なデビューを果たし、1985年2月に同曲を収録したデビュー・アルバム『そよ風の贈りもの』を発表した。

 『そよ風の贈りもの』からは、タイトル曲が米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で3位に初のトップ10入りを果たすと、4曲目にシングルカットしたマリリン・マックー&ビリー・デイヴィス・ジュニアのカバー「すべてをあなたに」で初の首位を獲得。以降、煌びやかなダンスポップ「恋は手さぐり」、ジョージ・ベンソン作の名バラード「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」の3曲が連続で1位に輝き、『そよ風の贈りもの』も米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で通算14週のNo.1をマーク。翌86年の年間アルバム・チャートで1位を獲得するモンスター・ヒットとなった。


 その勢いに乗って1987年5月に発表したシングル「すてきなSomebody」で4曲目の1位を獲得し、翌6月には2枚目のスタジオ・アルバム『ホイットニーII〜すてきなSomebody』を発表。本作からは「恋のアドバイス」、「やさしくエモーション」、「ブロークン・ハート」の4曲が首位に輝き、「すべてをあなたに」から7曲連続で1位を獲得するという大偉業を達成した。この記録は、ザ・ビートルズの6曲連続を超える新記録で、2022年現在も破られていない。また、アルバム『ホイットニーII』も女性シンガーとして史上初の“初登場1位”を獲得し、アメリカ・レコード協会(RIAA)からデビュー作に続き2作連続でダイヤモンド・アルバム(1,000万枚)を認定される大ヒットを記録した。


今もなお語り継がれる国歌斉唱


『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』より

 1990年11月に発表した3枚目のスタジオ・アルバム『アイム・ユア・ベイビー・トゥナイト』からは、タイトル曲と「オール・ザ・マン・アイ・ニード」の2曲が1位を獲得し、キャリアわずか5年で首位獲得数を9曲に更新。アルバムも最高位は3位ながら全米だけで400万枚、全世界で1,000万枚を超えるヒットとなった。

 そして、1991年1月27日開催の【第25回スーパーボウル】ではアメリカ国歌「星条旗(スター・スパングルド・バナー)」をパフォーマンス。今や世界が注目するこのスポーツと音楽の祭典だが、その10日前にアメリカを中心とする多国籍軍がイラクへ攻撃を開始した湾岸戦争中だったこともあり、アメリカのみならず、世界各国が緊張と悲しみに覆われていた。

 すでに全米No.1ヒットをいくつも出していたホイットニーが国歌を任されることに異論はなかっただろう。しかし、世界情勢が揺れている真っ最中に、何をするか・どう受け止められるかによって、当時27歳の若きシンガーの今後を左右するイベントだったに違いない。実際、NFL協会内でも戦時中の開催の是非を問う声は多かったようだ。

 そんな中、ドレスやジュエリーで着飾った歌姫ではなく、一国民としての“等身大の姿”を選んだホイットニーは、世界が注目する大舞台になんとジャージ姿で登場。母親から歌詞の意味を理解することを幼少期に叩きこまれた彼女は、1812年の米英戦争をもとに作られたとされるアメリカ国歌「星条旗」を、テレビの前、そしてスタジアムにいるアメリカ国民と同じ目線で、しかし類まれなる歌声で歌い上げた。ブラウン管を通して世界中に届けられた本パフォーマンスは、様々な人種の人々を勇気づけ、現在もスーパーボウル史上最高と語り継がれている。本曲は、2001年に9・11米国同時多発テロのチャリティソングとして発表したリカット版がHot 100で6位に、アメリカ国歌として史上初のトップ10入りとプラチナ認定を受けている。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 名作『ボディガード』の製作秘話
  3. Next >

公開から30年、映画『ボディガード』

 1992年には、ケヴィン・コスナーと共演した初主演映画『ボディガード』が爆発的なヒットとブームを巻き起こし、ハイライトを飾ったドリー・パートンのカバー曲「オールウェイズ・ラヴ・ユー」が14週連続で1位を獲得。発売当時のHot 100首位最長記録を更新し、翌93年の年間シングル・チャートを制した。同曲は発売以降、30年にわたり幅広い層に愛され続け、ミュージック・ビデオの再生回数は20世紀のソロ・アーティストとして初の10億回突破という記録を打ち立てている(※2022年現在は13億回を突破)。


 驚く点は、『ボディガード』が、もしかしたら日の目を見ることがなかったかもしれないということだ。もともとダイアナ・ロスとスティーブ・マックイーン主演で1960年代に構想が練られていたのだが、幾度もの頓挫を繰り返した本作がやっと着手されたのは、ケヴィン・コスナーが監督・脚本・主演した『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1991)でハリウッドスターの仲間入りをしてから。駆け出しだった頃に脚本を手にしたケヴィンは、自身のアイデアを付け加え、映画製作に身を乗りだしたのだ。


『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』より

 前述のスーパーボウルなど、当時は多忙と人気の頂点を極めていた“時の人”の出演は簡単に進まず、それでも「彼女が必要」と、1年近く粘り強く待ったケヴィンの説得もあり、ホイットニーの出演が実現。その後の功績は、ご存知の通りだ。

 演技、歌と、それぞれのフィールドで躍進していった両者の関係は映画公開後も良好だったようで、世界に生中継されたホイットニーの葬儀で15分以上の弔辞を読み上げるケヴィンの姿に多くのファンが涙を流した。


 同サントラからは、パワー・バラード「アイ・ハブ・ナッシング」(4位)、チャカ・カーンを焼き直した「アイム・エブリ・ウーマン」(4位)もトップ10入りし、アルバムはBillboard 200で通算20週(1992年~93年)No.1をマーク。3枚目のダイヤモンド・アルバムに輝き、こちらも93年の年間アルバム1位を獲得した。商業的な成功だけでなく各誌・専門家からも高い評価を受け、翌94年開催の【第36回グラミー賞】では<最優秀アルバム賞>を受賞している。本国のみならず世界18か国で1位を記録し、ワールド・セールスは4,000万枚を突破。史上最も売れたサウンドトラックに認定され、日本でも当時の洋楽史上最高売上280万枚を記録した。


最多受賞のAMAs


『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』より

 『ボディガード』と劇中歌のヒット、結婚・出産と、公私ともに最高潮にいたホイットニーは、1994年2月7日に開催された【アメリカン・ミュージック・アワード(AMAs)】で7つの賞と、その輝かしいキャリアに贈られる<メリット賞>の計8つに輝く。ホイットニーの年と言っても過言ではないこの授賞式では、生歌パフォーマンスも披露された。このパフォーマンスについては、映画を楽しみにしている方のために、ここではあまり多くを語らないでおきたい。会場にいた者、当時の生中継を観ていた者に相当な感動を与えたことだろう。

人と人をつなぐ架け橋に


『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』より

 自身の音楽が、いわゆるブラック・ミュージックではなく、白人音楽寄りであることをバッシングされたことがあるホイットニーだが、音楽は言葉やジャンルを超えて、人々をひとつにすることを証明した人物でもある。それを物語る出来事が、マンデラ大統領就任後初の南アフリカコンサートだ。

 1964年から27年もの間、獄中の身でありながら反アパルトヘイト運動を続けた、のちに南アフリカの英雄と呼ばれるネルソン・マンデラが南アフリカ大統領に就任したのは、1994年5月のこと。1988年に英ウェンブリー・スタジアムで開催されたマンデラ氏の70歳の誕生日を祝うトリビュート・ライブに出演していたホイットニーは、新たな幕開けを迎えたばかりの南アフリカで初めてコンサートを行ったメジャー・アーティストと言われている。

 南アフリカ国内外で非難と反発運動が繰り返され、多くの血が流れたこの人種隔離と差別の終末は、歴史的な変化の一つと言えるが、当時は国内でも混乱が起こっていたはずだ。そんな状況のなか、同年11月にツアー【Whitney: The Concert for A New South Africa】でダーバン、ヨハネスブルグ、ケープタウンの3都市を廻るホイットニーを一目見るべく、集まった観客の数は20万人以上。収益の一部はホイットニーの財団を通して、南アフリカの子供たちの救済チャリティに寄付されている。


“偉大なシンガー”に相応しい記録


Photo by Bryan Brown / Courtesy Whitney Houston Estate

 1995年に『ため息つかせて』、翌96年には『天使の贈りもの』の主演映画2作が公開。前者からはタイトル曲が1位、後者からは「アイ・ビリーヴ・イン・ユー・アンド・ミー」が最高4位を記録し、サウンドトラックもヒットした。98年にリリースした約7年ぶり、4枚目のスタジオ・アルバム『マイ・ラヴ・イズ・ユア・ラヴ』からは、「ハートブレイク・ホテル」(2位)、「イッツ・ノット・ライト・バット・イッツ・オーケイ」(4位)、タイトル曲(4位)の3曲がトップ10入りし、アルバムも全米で400万枚、全世界で1,000万枚を超えるヒットを記録。元夫ボビー・ブラウンがプロデュースした次作『ジャスト・ホイットニー』(2002年)は9位どまりだったが、遺作となったラスト・アルバム『アイ・ルック・トゥ・ユー』(2009年)は、『ホイットニーII』以来の首位を獲得し、華々しい復帰劇を遂げた。その3年後、2012年2月に惜しくもこの世を去ったホイットニーだが、今も“レジェンド”として語り継がれている。



 そんなレジェンドの功績は、全米首位獲得数が11曲、トップ10タイトルが23曲、トータル・セールスは2億を突破し、【グラミー賞】で6回、【アメリカン・ミュージック・アワード】が22回、【ビルボード・ミュージック・アワード】では16回ノミネートされるなど“偉大なシンガー”に相応しい記録が満載。数字的な側面のみならず、ライブ・パフォーマンスや演技力、モデルもこなした美貌、著名アーティストも絶賛した人間性など、語りつくせない魅力で溢れている。

関連キーワード

TAG

関連商品

ホイットニー Ⅱ
ホイットニー・ヒューストン「ホイットニー Ⅱ」

2008/03/26

[CD]

¥2,420(税込)

そよ風の贈りもの
ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」

2008/03/26

[CD]

¥2,420(税込)

アルティメイト・ホイットニー
ホイットニー・ヒューストン「アルティメイト・ホイットニー」

2008/03/26

[CD]

¥3,520(税込)

アルティメイト・ホイットニー
ホイットニー・ヒューストン「アルティメイト・ホイットニー」

2008/03/26

[CD]

¥2,670(税込)

スーパー・エイティーズ
(オムニバス) マイケル・ジャクソン ホイットニー・ヒューストン ワム! ジャーニー ダリル・ホール&ジョン・オーツ ケニー・ロギンス エレクトリック・ライト・オーケストラ「スーパー・エイティーズ」

2006/01/25

[CD]

¥3,520(税込)

そよ風の贈りもの
ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」

2005/05/25

[CD]

¥1,980(税込)

ザ・グレイテスト・ヒッツ
ホイットニー・ヒューストン「ザ・グレイテスト・ヒッツ」

2004/12/22

[CD]

¥3,024(税込)

ホイットニー・ヒューストン
ホイットニー・ヒューストン「ホイットニー・ヒューストン」

2004/11/24

[CD]

¥1,760(税込)

オ-ル・アット・ワンス
ホイットニー・ヒューストン「オ-ル・アット・ワンス」

1996/07/26

[CD Single]

¥734(税込)

カウント・オン・ミ-
ホイットニー・ヒューストン「カウント・オン・ミ-」

1996/03/23

[CD]

¥1,258(税込)

ため息つかせて
ホイットニー・ヒューストン「ため息つかせて」

1995/11/29

[CD]

¥1,258(税込)

サムシング・イン・コモン
ボビー・ブラウン ホイットニー・ヒューストン「サムシング・イン・コモン」

1994/04/21

[CD]

¥1,363(税込)

そよ風の贈りもの
ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」

1992/12/16

[CD]

¥2,621(税込)

ホイットニ-・ヒュ-ストン
ホイットニー・ヒューストン「ホイットニ-・ヒュ-ストン」

1992/12/02

[CD Single]

¥975(税込)

アルティメイト・ホイットニー
ホイットニー・ヒューストン「アルティメイト・ホイットニー」

2015/12/23

[CD]

¥1,100(税込)

そよ風の贈りもの
ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」

2015/12/23

[CD]

¥1,100(税込)

ホイットニーⅡ
ホイットニー・ヒューストン「ホイットニーⅡ」

2013/07/24

[CD]

¥1,980(税込)

そよ風の贈りもの
ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」

2013/07/24

[CD]

¥1,980(税込)

ホイットニー Ⅱ
ホイットニー・ヒューストン「ホイットニー Ⅱ」

2008/03/26

[CD]

¥2,420(税込)

そよ風の贈りもの
ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」

2008/03/26

[CD]

¥2,420(税込)

マイ・ラヴ・イズ・ユア・ラヴ
ホイットニー・ヒューストン「マイ・ラヴ・イズ・ユア・ラヴ」

2006/11/22

[CD]

¥1,980(税込)

ホイットニーⅡ
ホイットニー・ヒューストン「ホイットニーⅡ」

2006/11/22

[CD]

¥1,944(税込)

スーパー・エイティーズ
(オムニバス) マイケル・ジャクソン ホイットニー・ヒューストン ワム! ジャーニー ダリル・ホール&ジョン・オーツ ケニー・ロギンス エレクトリック・ライト・オーケストラ「スーパー・エイティーズ」

2006/01/25

[CD]

¥3,520(税込)

そよ風の贈りもの
ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」

2005/05/25

[CD]

¥1,980(税込)

ザ・グレイテスト・ヒッツ
ホイットニー・ヒューストン「ザ・グレイテスト・ヒッツ」

2004/12/22

[CD]

¥3,024(税込)

ホイットニー・ヒューストン
ホイットニー・ヒューストン「ホイットニー・ヒューストン」

2004/11/24

[CD]

¥1,760(税込)

ファイン
ホイットニー・ヒューストン「ファイン」

2001/04/25

[DVD]

¥1,650(税込)

グレイテスト・ヒッツ
ホイットニー・ヒューストン「グレイテスト・ヒッツ」

2000/07/07

[DVD]

¥4,620(税込)

ザ・グレイテスト・ヒッツ
ホイットニー・ヒューストン「ザ・グレイテスト・ヒッツ」

2000/05/20

[CD]

¥3,666(税込)

マイ・ラヴ・イズ・ユア・ラヴ
ホイットニー・ヒューストン「マイ・ラヴ・イズ・ユア・ラヴ」

1999/10/21

[CD]

¥1,296(税込)

ハートブレイク・ホテル
ホイットニー・ヒューストン「ハートブレイク・ホテル」

1999/02/24

[CD]

¥1,296(税込)

オ-ル・アット・ワンス
ホイットニー・ヒューストン「オ-ル・アット・ワンス」

1996/07/26

[CD Single]

¥734(税込)

カウント・オン・ミ-
ホイットニー・ヒューストン「カウント・オン・ミ-」

1996/03/23

[CD]

¥1,258(税込)

ため息つかせて
ホイットニー・ヒューストン「ため息つかせて」

1995/11/29

[CD]

¥1,258(税込)

サムシング・イン・コモン
ボビー・ブラウン ホイットニー・ヒューストン「サムシング・イン・コモン」

1994/04/21

[CD]

¥1,363(税込)

そよ風の贈りもの
ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」

1992/12/16

[CD]

¥2,621(税込)

ホイットニ-・ヒュ-ストン
ホイットニー・ヒューストン「ホイットニ-・ヒュ-ストン」

1992/12/02

[CD Single]

¥975(税込)