Billboard JAPAN


Special

TikTokが音楽業界に与える影響ー ビルボードジャパン・チャートのケーススタディー

インタビューバナー

 2022年もTikTokをきっかけに、多くの楽曲がチャートをにぎわせた。TikTokの動画には、音楽が不可欠な要素として数多く使用されており、外部プラットフォームへの影響力は非常に大きい。また、TikTokで人気の楽曲は、敏感に変動するというのも特徴だ。

 上記の特性を踏まえて、ビルボードジャパンの2022年 年間チャートにチャートインした楽曲3曲を分析。TikTokがチャートに与える影響を検証した。

<TikTokの特徴>

音楽を使用したTikTokの投稿は全体の7割以上

 音楽はTikTokの最も重要な要素の一つ。日本では音楽を使った投稿数は全体の投稿の約7割以上を占めており、毎週の投稿で使用されている楽曲は数万曲にのぼる。多くのユーザーは音楽を付けて投稿することに慣れており、TikTokでは多様な音楽のチョイスが用意されている。

影響力のあるTikTok上位楽曲

 TikTokで上位にランクしている楽曲は、週間で億単位の再生をされることが多い。 上位にランクしている楽曲は大きな影響力を持つため、チャートの順位が上がれば上がるほど、TikTokでの影響が、外部プラットフォームにまで広がる可能性が高くなる。

敏感に変動しているTikTokランキング

 TikTokのもう一つの特徴は「トレンドに敏感」で、トレンドの反映が速い点だ。動画の内容はもちろん、楽曲のランキングも比較的に短期間に、激しく変動している。TikTokでは、同一の楽曲が数週間連続でチャートの上位を占めることは稀だ。2022年1月~11月のデータで統計した結果、1位を獲得したことがある楽曲は19曲あるものの、1位を複数週獲得した期間は2.7週間という比較的短い結果となった。対照的に、ビルボードのチャートでは、複数週にわたって上位にチャートインする楽曲は、多々見られている。

参考:2022/1-2022/11 TikTok Weekly Top1の曲及びTop1にランクした回数

楽曲名 アーティスト名 TikTok 1位の週間数
タイトル メーガン・トレイナー 1
2.23AM しゃろう 1
しゅわしゅわハニーレモン350ml しゃろう 2
WA DA DA Kep1er 3
かわいい winD 1
ロマンスの神様 広瀬 香美 2
タイミング ~Timing~ Klang Ruler 4
ブラザービート Snow Man 1
だいしきゅーだいしゅき femme fatale 4
Habit SEKAI NO OWARI 2
おとせサンダー ぼっちぼろまる 2
エジソン 水曜日のカンパネラ 3
POP! NAYEON 6
チグハグ THE SUPER FRUIT 7
KISS FT SUPERNATURAL VER 1 - REMIX TVT 1
Way Back Home (feat. Conor Maynard) [Sam Feldt Festival Mix] SHAUN 2
可愛くてごめん (feat. かぴ) HoneyWorks 5

参考:ビルボードジャパン2022年 年間チャート 首位獲得回数

楽曲名 アーティスト名 2022年の首位獲得回数
残響散歌 Aimer 9回
新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED) Ado 6回
Subtitle Offiicial髭男dism 4回
ミックスナッツ Offiicial髭男dism 3回
一途 King Gnu 2回
KICK BACK 米津玄師 2回

※2021年12月8日~2022年12月7日に発表したチャートでの首位獲得数

NEXT PAGE
  1. <Prev
  2. <Case Study ビルボードジャパン2022年年間チャートイン楽曲>
  3. Next>

<Case Study ビルボードジャパン2022年年間チャートイン楽曲>

Case1: 「なんでもないよ、」マカロニえんぴつ − 2022年間Streaming Songs Chart No. 4

 2021年11月3日リリースの当日よりTikTokで投稿されはじめ、わずか5日間後となる11月7日にTikTok内でピークに。一日5,600以上の投稿に伴い、1,000万回近く再生される曲へと急成長した。11月5日よりTikTokの企画『#秋の歌うま』のアンバサダーに起用されたことも急成長した理由の一つだと言えるだろう。


写真


 ビルボードジャパン・チャートではリリース週はストリーミング76位、総合48位に初登場。翌週にストリーミング14位に大きく上昇すると、12月8日にはストリーミング首位、総合5位にチャートイン。その後も半年以上にわたって、ストリーミングチャートでトップ10内をキープし年間でストリーミングチャート4位を獲得した。

写真



Case2: 「W/X/Y」Tani Yuuki − 2022年間Streaming Songs Chart No. 1

 2022年ビルボードジャパン年間ストリーミングソングで、見事1位を獲得した「W/X/Y」。2022年にロングヒットした楽曲の一つであり、その上昇の理由はTikTokにあると言われている。

 「W/X/Y」は2021年5月26日に配信リリース。TikTokでは、2021年12月15日の週から投稿が増え、12月29日の週にTikTokの週間ランキング第41位を獲得、週間再生回数も5,000万回に上った。その後も3月末まで週間3,000万回前後という高い水準で再生回数が安定的に推移した。

写真


 12月後半に火をつけた理由は、TikTokでの投稿の拡散だった。ローカルカンピオーネの投稿は600万以上の再生を獲得し、Tani Yuuki自身もローカルカンピオーネの振り付けで投稿している。ビルボードジャパンでは、2022年1月5日に99位でストリーミングチャートに初登場すると、少しずつランクアップ。3月2日に、10位で初のトップ10入りを果たした。 3月25日にはYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』のパフォーマンス映像が公開されたことも影響し、4月20日にストリーミングチャートで首位を獲得した。その後も、通算4度の首位を獲得し、年間チャートを制した。

@localcampione 年老いるまでずっと一緒にいたいと思える人に出会って付き合った時、楽しいこともあれば辛いこともあると思う。その時にどれだけその人の心に寄り添えるかが大事なんですよね。あ、申し遅れました。私、恋愛評論家のロドリゲスでげす。@yu___09___111 #wxyチャレンジ #taniyuuki #wxy #ローカルカンピオーネ ♬ W/X/Y - Tani Yuuki

@yu___09___11 可愛い振り付け作ってくれたから、踊ってみた@localcampione #WXY#チャレンジ#TaniYuuki#ローカルカンピオーネ ♬ W/X/Y - Tani Yuuki


Case 3:Overdose(なとり) − 2022年間Hot songs No. 75

 19歳のシンガーソングライターなとりは、TikTokでオリジナル楽曲を発表しているアーティストの一人だ。

 2021年5月からTikTokでの投稿をスタート。2022年5月に「Overdose」をTikTokに公開すると大きな反響を呼び、9月のデジタルリリースまで徐々に再生数が増加していった。そして9月7日に自身初の配信楽曲として「Overdose」をリリースすると、一週間でTikTokでの再生ピークに到達した。ビルボードジャパンでは、9月21日にストリーミング17位、HOT100で26位に初登場。ストリーミングチャートでは、翌週に6位を獲得し、トップ10内を維持(12月21日発表チャート時点)、集計期間わずか3か月にも関わらず、ストリーミングチャートで年間64位、総合75位に食い込んだ。

写真


@siritoriyowai_ Overdoseという曲です。#バズれ #おすすめにのりたい #japanesemusic ♬ Overdose - なとり

<結論>

 TikTokでの楽曲の動向とビルボードジャパン・チャートの相関関係を洗い出すため、ビルボードジャパンの2022年年間チャートから楽曲を分析し、検証を行った。結論として以下の点が挙げられるだろう。

1. TikTokの楽曲のヒットには典型的なパターンがあり、ロングヒットの曲にも、明確な再生ピークがある。つまり、一時期における急上昇によってピークを迎え、その後は100位圏内にチャートインしていても、徐々に注目度が収まっていく、というパターンが多い。

 そのためTikTokが先行してピークに達し、その後ビルボードジャパン・チャートのピークを迎えるパターンが観測された。TikTokでの高い露出によって注目を集め、外部でのパフォーマンス上昇に繋がったのではないかと推測できる。

 具体的に以下の2曲は、いずれもTikTokでの再生ピークがビルボードのピークより先行していた。赤枠:TikTokの再生ピーク 青枠:ビルボードジャパンのランキングピーク

写真
写真


2. TikTokの上位曲(例:Top10)は特に「短期間」かつ「爆発的」に露出が増えるため、ビルボードジャパン・チャートや他の外部プラットフォームへの影響が出やすい。外部に先行してTikTokでバズったり、TikTokでさらに火をつけられたりするケースは多くみられている。ただ、ビルボードジャパン・チャートは複数の指数(CDセールス、ストリーミング数等)を取り入れており、またTikTokの再生回数は集計されていないため、TikTokによるビルボードへの直接的な影響は数値では捉えにくい。

 そのため、新規リリースの楽曲や、ヒットアーティストの楽曲は「TikTokから流行りはじめ、外部へ影響した」とは断言しにくいが、TikTokをきっかけに火をつけたとは言えるのではないだろうか。

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    2022年 年間音楽ソフト売上動向発表 オーディオ総売上金額は前年比101%と微増 アーティスト別、音楽ビデオを含む総合共にSnow Manが首位獲得【SoundScan Japan調べ】

  2. 2

    2022年 年間音楽ビデオ売上動向発表 音楽ビデオの総売上金額は前年比105.5%に アーティスト別はBTS/作品別はSnow Manが首位【SoundScan Japan調べ】

  3. 3

    【第65回グラミー賞授賞式(R)】全受賞アーティスト&作品リスト

  4. 4

    <ライブレポート>星野源、「まじでいい誕生日だわ」3年越しに実現した多幸感あふれる特別な一夜

  5. 5

    ヨルシカ、広瀬すず主演ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』初回放送で新曲&代表曲のオンエアに反響続々

HOT IMAGES

注目の画像