Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>初の海外ライブ間近! 英語詞に挑戦した新曲「LUCKY」でONE N' ONLYが伝えたいこと



インタビューバナー

 J-POPでもK-POPでもない“JK-POP“として唯一無二のスタイルを貫くダンス&ボーカルユニット=ONE N’ ONLYが、6月17日に新曲「LUCKY」を配信リリースした。同曲は、GoodなことよりもBadなことの方が多い今の世の中で、“色々な困難を抱えている人に少しでも力になってもらえたらいいな”という強い想いから生まれた一曲だ。
 7月にはブラジル最大のアニメフェスティバル【Anime Frineds São Paulo】にて初の海外ライブも控えているONE N’ ONLY。ほぼ英語詞の最新曲を引っ提げ、今まさに正念場を迎えようとしている彼らに近況を訊いた。(Interview & Text:吉田可奈 / Photo:Photo:Shintaro Oki (fort))

新たなワクワクを感じた最新ツアー

――5月14日からワンマンライブ【ONE N’ LIVE 2022~YOUNG BLOOD~】が開催されていますが、手ごたえはいかがですか?

REI:こういう状況下になって、直接ファンの方と顔を見合わせることができたのが本当にうれしかったですね。なにより、1st.EP『YOUNG BLOOD』に収録されている「FOCUS」を初披露したことで、ワンエンの新たな魅せ方ができたんじゃないかなと思うんです。さらにこれからワンエンが進化していくことも実感できたので、ぜひライブに来てもらいたいですね。

――「FOCUS」の反応はいかがでしたか?

HAYATO:ツアーの1曲目に披露したんですが、イントロが鳴った瞬間から盛り上がってくれたんですよ。この曲はこれまでずっと披露してこなかったんですが、あらためてここに持ってきて正解だったなと思っています。

KENSHIN:ツアー初日って、他とは違うワクワク感があるんです。そこでこの曲を披露できたことがすごく幸せでしたし、振り付けもオシャレでカッコいいんですよ。やっと披露できてすごくうれしかったです。それに、コロナ禍になってからは、東京でのライブがほとんどだったので、地方に行けることがすごく嬉しかったですね。

HAYATO:今回のライブは、前半のパートに大人っぽい雰囲気の曲を並べているんです。ワンエンって、いつもなら激しくてガツガツしたアッパーな曲が多いんですが、最近はセクシーな曲も増えてきたので、いつもと違ったワンエンを見せられた気がします。コロナ禍でもライブ自体はしてきているんですが、遠征は難しかったと思うので、地方では、会えなかった期間に成長した、大人になった僕たちを見せたいと思いながらパフォーマンスをしていました。

ONE N' ONLY「YOUNG BLOOD」

――みなさんの年齢も大人になってきましたし、よりセクシーさを表現しやすくなったのではないでしょうか。

HAYATO:たしかに! みんなが成人して、衣装も黒で統一していて、大人な雰囲気をちゃんと出せるようになったんです。中盤から後半にかけては、定番曲やみんなで楽しめる曲をパフォーマンスしたので、ライブ全部を通してジェットコースターのような、最後に向けてさらに盛り上がるライブができた気がします。

EIKU:今回、パフォーマンスでフェンスを使ったものがあったんですよ。そこでは覚えることも多かったんですが、やった後の達成感がすごかったんです。ものすごく楽しかったからこそ、もっともっとレベルアップして、より感動させるようなライブを作っていきたいなと思いました。

NAOYA:僕たちは、次にリリースする曲をライブで早めにやったりするんです。でも、この「YOUNG BLOOD」に関してはまったく披露してこなかったからこそ、この曲の衣装を着て出てきたときに、すごく盛り上がってくれたんです。やっぱりみんなが待ってくれていたんだなって感動しました。

TETTA:それに、とにかく運動量の多いライブなんですよ。いつもはカッコいいパフォーマンスとMCでギャップを見せていたんですが、今回は曲を詰めまくって、ほぼMCがない構成にしたんです。だからこそ体力が試されるし、自分達にとっても大きな挑戦になりました。なので、最初はすごく不安だったんですが、EIKUも言っていたように、今まで以上に達成感が大きかったですね。これからももっと体力をつけて、「どこで水飲んでるの!?」って言われるくらいのアーティストになりたいですね。

――そこなんですね!?(笑)

TETTA:そこです! ポール・マッカートニーさんは、水を飲む姿を見せないと言われているんですよ! カッコいいですよね。僕はMC始まった瞬間に水飲んじゃうし、トイレもすぐ行くんで。

――代謝は大事ですからね。

TETTA:たしかに(笑)。あと、今回「FOCUS」のイントロでは、みんなでステージ上に立って待機をするんです。そこでステージからお客さんの顔が見えて、目があったんですよ。そこでみなさんが本当にキラキラした目でこちらを見ていて、“どんなパフォーマンスなんだろう”ってワクワクしていることが伝わってきたんです。



――そこでお客さんと目が合った時、TETTAさんはどんな表情をするんですか?

TETTA:すぐ目をそらします。

HAYATO:そらすなよ(笑)。

TETTA:だって恥ずかしいから(笑)。

一同:(笑)

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 海外ライブではマストでやりたい新曲「LUCKY」
  3. Next >


海外ライブではマストでやりたい新曲「LUCKY」

――そんなライブをしながら、新曲「LUCKY」の制作に入っていると思うのですが、この曲はほぼ英語詞の、新たな挑戦となる曲ですね。

TETTA:世界に目を向けました!(大声)

REI:英語の発音にはすごく苦労しました。TikTokの影響もあって、海外進出も現実的に視野に入れるようになり、今回、より力が入りましたね。それに、僕らはアーティストなので、英語になったとしても、ちゃんと意味を理解して歌うことがすごく大事だと思ったんです。僕たちは何か常に訴えかけたり、メッセージ性の強い曲が多いので、海外の方たちに少しでも、そのメッセージが伝わったらいいなという想いで歌いました。

――どんなメッセージを大事にしましたか?

REI:僕自身、毎日生きている中で、積極的に動くことによって、小さなことが大きな喜びになっていくのを日常的に感じることがすごく多かったんです。そこをイメージしながら歌いました。

KENSHIN:僕もこの曲はすごく発音が難しかったですね。どうしてもネイティブの英語には近づけなくて、その壁は大きいなと感じたんですけど、これは僕らがいま乗り越える壁だと思ったので頑張りました。きっと、こういうご時世で、悲しいことや、気分が落ち込むことって多いと思うんですが、「LUCKY」という曲で、みなさんの背中を少しでも押すことができたらいいなという意味を込めたんです。みなさんが少しでもラッキーな気持ちになってくれたら嬉しいですね。

――でもみなさん、“激”難しいポルトガル語バージョン(※「L.O.C.A (PT-BR ver.)」)も歌いのけた人たちですからね。

一同:(笑)

KENSHIN:難しかったですね~。でも、英語もポルトガル語も難しいけど楽しさがあるので、すごくいい経験になりました。

――ポルトガル語バージョン、カラオケで歌うのは大変そうですね。

HAYATO:でもぜひ歌ってほしいよね。

KENSHIN:でも、僕らがあんなに練習してやっと歌えたのに、サラっと歌われたら困っちゃうかも(笑)。

一同:(笑)

――HAYATOさん、「LUCKY」に関してはいかがでしょうか。

HAYATO:この曲のテーマが“ラッキー”ということで、曲全体がものすごく明るいですし、みんなで歌うパートも多いのですごく盛り上がると思うんですよね。世界に届けたいという想いで英語になっているんですが、歌詞も、日本語にしたら少し恥ずかしいようなフレーズがぎゅっと入っているんです。サビには日本語が入ってくるおもしろさもあるので、早くみんなと一緒に歌いたいですね。

EIKU:英語は1フレーズに時間をかけて、音楽プロデューサーのJUNEさんと話し合いながら歌ってきたので、完成したときはすごく嬉しかったですね。それに、聴いたときは自分自身もとても明るい気持ちになれましたし、“あまりいい一日じゃなかったな”と思うような日でも、この曲を聴いて気分をあげてもらえたら嬉しいです。サウンドもすごくポップで可愛らしいんですよ。

NAOYA:いい意味で考えて歌うのではなく、ノリを大事にしたほうがうまくいくように思ったんです。そしたら意外にもうまくハマったので、すごく面白いなと思いました。さらに、ワンエンにありそうでなかった曲なので、ライブでどう雰囲気が変わるのかすごく楽しみですね。

TETTA:英語は難しいんですが、あらためて1音1音の発音に対して意識を向けてやっていくことが大事だなと思いました。あと、デモをもらった時にすごく好きな曲だなって思ったんですよ。一日中この曲を聴いているくらい好きなので、早く聴いてもらいたいですね。それこそ、ブラジルや海外でライブをしたときにこの曲はマストでやりたいですね。誰が聴いてもノリやすいですし、夏にピッタリだと思うんです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. この夏は“週7カレー”を目指す!?
  3. Next >


この夏は“週7カレー”を目指す!?

――海外のみなさんの反応も楽しみですね。さて、歌詞にからめて、最近ラッキーだったことを教えてもらえますか?

REI:僕は多趣味なので応援している人たちがうまくいくとラッキーに感じますね。とくに格闘技や野球が好きなので、高頻度でラッキーです(笑)。ただ、逆に負けちゃうとちょっと不機嫌ですね(笑)。そういうときは、激辛なものを食べたり、料理を作ったりして気を和ませています。それに、NAOYAは『ONE PIECE』が好きなので一緒に話したり、EIKUとは格闘技の話をして盛り上がったりしていて。KENSHINは基本的にどんな話も聞いてくれるんです。

KENSHIN:僕が知らないことをたくさん知っているので、話を聞いていると面白いんですよ。

REI:こうやって聴いてくれる人ってめったにいないのですごく助かるんです(笑)。逆の立場なら、興味がないことこんなに聞かせないでよって思っちゃう(笑)。

KENSHIN:あはは。僕は毎晩ハーゲンダッツのグリーンティー味を食べるんですよ。ただ、ある日買い忘れちゃったんです。ものすごくアンラッキーだなって思っていたんですが、冷凍庫を開けたら、昨日買っていたハーゲンダッツがあって、「あるじゃん~!」って震えました(笑)。あれはラッキーでしたね。

――箱買いしましょう!

KENSHIN:それだ!(笑)


Photo:Shintaro Oki (fort)

HAYATO:僕はライブ前にストレッチをするんですが、片足でしゃがんだ状態で、反対の足を動かしてバランスを取るストレッチがあるんです。それを、体幹をブレさせることなくできた日は一日ラッキーです! “これができたから絶対大丈夫”って思えるんですよね。

REI:バランス崩れたらダメになるの?

HAYATO:調子がよくなかったら、“あのバランスが悪かったからな”ってなる(笑)。

TETTA:言い訳になってる(笑)。

EIKU:僕は昨日、洗顔クリームがなくなっていたので、新品に取り換えようとリビングに置いておいたんです。でも、洗面所に持っていくのを忘れた状態で顔を洗い始めてしまったんですよね。いざ洗顔クリームを使おうとしたら、それを思い出して!

REI:どうしたの?

EIKU:このままリビングに行くのはイヤなので、頑張ってクリームを必死に絞り出したら、“ブリッ”って出てきたんですよ!

HAYATO:その効果音やめろよ~!(笑)

EIKU:でもすっごく嬉しかったの! あれはラッキーでした(笑)。

NAOYA:僕がラッキーだと感じるのは、乗りたかった電車に間に合わないと思った時に、ちょうどダイヤが乱れていて間に合ったときですね。

一同:わかる~!

NAOYA:電車が合わせてくれたのかなって(笑)。


Photo:Shintaro Oki (fort)

TETTA:僕は、チェーン店のカレー屋さんにほぼ毎日行っているんです。そこでサラダを頼むときに、キュウリを抜いてもらうんですよ。でも、この前、たまたまキュウリ抜きを伝え忘れちゃったんですが、出てきたサラダはキュウリが抜かれていたんです!

――毎日ってことは週6くらいだから、顔を覚えてもらえていたんでしょうね。

TETTA:……週6はちょっと言い過ぎかな……。週2くらいかな。

一同:毎日じゃないじゃん!(笑)

TETTA:いや、ほら、スケジュール的に無理じゃん!?

NAOYA:だとしたら毎日って言わなきゃいいじゃん(笑)。

TETTA:あまり言うと暇だなって思われちゃうし……! 閉店22時くらいだから仕事ないのかなって思われちゃうかなって! でもいっぱい行ってるし……。

REI:考えすぎだし盛り過ぎでしょ(笑)。

TETTA:いや、でも店員さんがインドの方なんですけど、僕の顔を覚えてくれていたことがうれしかったんですよ。帰り際に“テンキュー”って言いました!

HAYATO:通じた?

TETTA:変な顔されたから何度か言い直した(笑)。

――これからは週6くらいで行きたいですね。

TETTA:がんばります! この夏は週7くらいでカレー屋さんに行けるようにがんばります!

――わかりました(笑)。では最後にHAYATOさん、まとめて下さい(笑)。

HAYATO:はい(笑)。いま、このご時世ではバッドニュースが多いと思うのですが、この曲を聴いて、少しでもラッキーと思ってもらえたら一日が楽しくなると思うんです。ちょっとラッキーを探してもらえたり、一緒に歌ったり踊ったりして、生活の楽しい一部になってもらえたら嬉しいなと思っています。

サイン入りチェキをプレゼント!

ONE N' ONLYのサイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼント!

Billboard JAPANの公式Twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)をフォロー&ハッシュタグ「#ワンエンLUCKY_BBJ」をつけて、ツイートしたら応募完了です。下記注意事項をご確認の上、ふるってご応募ください!

・応募締め切り:2022年6月26日(日)23:59
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMをお送りします。当選時に@Billboard_JAPANをフォローされていない場合、当選は無効となります。
・チェキは選べません。ご了承ください。

関連キーワード

TAG

関連商品

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥8,250(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥4,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥3,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥2,500(税込)

Category/My Love
ONE N’ ONLY「Category/My Love」

2019/10/16

[CD]

¥1,200(税込)

Category/My Love
ONE N’ ONLY「Category/My Love」

2019/10/16

[CD]

¥1,200(税込)

Category/My Love
ONE N’ ONLY「Category/My Love」

2019/10/16

[CD]

¥1,200(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥8,250(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥4,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥3,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥2,500(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】Stray Kids『CIRCUS』が初週19万枚を売り上げてアルバム・セールス首位

  2. 2

    【ビルボード】HKT48『ビーサンはなぜなくなるのか?』初週16.8万枚でシングル・セールス首位

  3. 3

    レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、中絶権利をめぐる米最高裁の判決を受けて約6,400万円を生殖権団体に寄付

  4. 4

    オリヴィア・ロドリゴ、中絶の権利保護についてライブで力強いコメント

  5. 5

    テイラー・スウィフト、中絶禁止を容認した米最高裁の判決についてコメント「怖くてたまらない」

HOT IMAGES

注目の画像