Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>平井 大の夏到来 2021年も連続配信企画を実施しているそのモチベーションとは?



 平井 大が昨年に続き、2021年も連続配信企画を継続している。

 3月から6月にかけて“Sunday Goods”をテーマに3週に1曲のペースで「タカラモノ」「honey, don't you worry」「Hero」「Buddy」「Malibu Girl」をリリース。さらに7月からは“Sunday Goods -Special Summer Edition-”として7週連続の配信もスタートした。止まることなく新曲を発表し続け、多彩な音楽性とグッド・ヴァイブスに溢れた歌を響かせている平井 大。9月からは全国ツアーも決定している彼に、楽曲制作のプロセス、“豊かな生活がないと、素晴らしい楽曲は作れない”という音楽観などについて語ってもらった。

ネタが切れたら、止めればいいと思っている

――2020年に続き、今年も連続配信リリースが続いています。まず3月から6月にかけて“Sunday Goods”と銘打って5曲を発表。手ごたえはどうですか?

平井 大(以下:平井):いま仰ってくれた通り、去年からずっと続いてますからね。自分のテンションもそうだし、やってることも変わってないんですよ(笑)。去年リリースした曲は限定BOXアルバム『Life Goes On』としてパッケージしたから、世の中的には区切りが付いた印象があるかもしれないけど、制作のスピードもまったく変わってないですし。

――ずっとつながっている、と。しかもグッド・ヴァイブスの曲が続いてますよね。

平井:そのときに感じていることを表現しているだけなんですけどね、自分としては。ネガティブな気分のときはそういう曲ができるし、前向きな状態であれば、自然とポジティブな曲が生れてきて。ここ最近はいい感じなんでしょうね(笑)。

――自分自身の気分に逆らわないというか。

平井:そうじゃないとペースが崩れちゃうと思うんですよ。アルバムの制作をしようとすると、そうなりがちなんですけどね。コンセプトを決めてから作るので、「いい曲なんだけど、アルバムには合わないね」みたいなことが起きてしまう。連続リリースはそれがないから、ストレスなくやれてます。

――なるほど。それにしても、よくネタが尽きないですよね。アコースティックからエレクトロまで、楽曲のバリエーションもすごく豊かで。

平井:ネタが切れたら、止めればいいと思っているので(笑)。幸いにも「次はこうしよう」と考える時間もたくさんあるので。“出来た順にリリース”は前からやってみたかったし、このスタイルは自分に合ってると思います。

――そして7月からは“Sunday Goods -Special Summer Edition-”として7週連続の配信もスタート。夏の間は毎週日曜日にリリースですね。

平井:はい、週1です。ドラマみたいですよね(笑)。

――確かに(笑)。どうしてペースを上げることにしたんですか?

平井:思い付きですね(笑)。Twitterで「この夏、週1で配信するのはどうだろう?」と聞いてみたら、「楽しみです」という声が多くて、じゃあ、やってみようかなと。けっこう行き当たりばったりなんですよ。たまに「平井 大はこういう戦略でリリースしていて」みたいな記事がありますけど、戦略的にやってると思ってもらえて嬉しいです(笑)。

――(笑)チームのみなさんは戦略を練っているのでは?

平井:どうだろう? もちろん、自分の思い付きに対して、「いいですね」と乗ってきてくれるのはありがたいですけどね。“Special Summer Edition”としてリリースする楽曲も、ある程度は「こういう曲を作ろう」と思ってるけど、どうなるかわからないですから。さっきも言いましたけど、そのときに感じたことを形にしていくのが大事なので。ちょっとでも迷ったら、すぐストップします(笑)。

――当然、締め切りはあるでしょうし。

平井:のんびり屋さんなので、デッドラインのギリギリまで動かないんですよ(笑)。ジャケット写真もそう。今年のリリースに関しては、パートナーが撮った写真を使ってるんですけど、ギリギリになったり、ちょっと遅れたりで。

――ジャケ写、素敵ですよね。平井さんのパーソナルなところが感じられて。

平井:そうなんです。去年は僕が描いた絵だったんですけど、今年はパートナーと2人で旅したときの写真だったり、日常生活が感じられるものが中心で。それを楽曲の顔として届けられたらなと。

――では“Special Summer Edition”の楽曲について聞かせてください。まずは7月11日リリースの「小さな丘の木の下で」。少年と少女を巡る、まるで神話のような物語を描いた楽曲です。

平井:「絵本みたいな歌を作りたい」というのが、最初のアイデアだったんです。これまでは自分自身の感情だったり、自分の生活から生まれる曲が多かったから、まったく自分と関係ないところでストーリーを紡いでみたくて。

――かなり切ない結末ですよね。ハッピーエンドにしようとは思わなかった?

平井:それも受け取り方次第というか、死んだときに初めて、バッドエンドかハッピーエンドかがわかると思うんですよ。誰でも必ず死ぬし、そのことを意識して生きることも大事じゃないかなって。死ってどうしても遠ざけられてしまうし、キレイなものとして扱われがちだけど、本来は生活のなかにあるべきだと思っていて。終わりを意識するからこそ、今を最大限に生きよう、楽しもうという気持ちにつながる。その考えは自分の根底にありますね。なので、きっちり予定を組んでもしょうがないと思っちゃうんですよ(笑)。将来のために今を大事にしないのは本末転倒だし、どうせ死ぬことは決まってるんだから、楽しまないと。

――平井さんが言うと説得力がありますね……。「小さな丘の木の下で」のサウンドはアコースティック楽器が主体。歌詞の内容やメッセージともすごく合ってますね。

平井:ありがとうございます。フィドルやエレアコが土台になっているし、確かにアコースティックですよね。バイオリンも生で録りました。最初は打ち込みだったんですけど、やっぱり生楽器がいいねって。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「MIRROR MIRROR」はTikTokがきっかけ
  3. Next >

「MIRROR MIRROR」はTikTokがきっかけ

――続く「Good One」は、80'sテイストのファンキーなダンストラック。「小さな丘の木の下で」とはまったく違いますね。

平井:違う人が作ったみたいですよね(笑)。深いメッセージを込めた曲のあとは、何も考えずに楽しめる曲が作りたくなるんでしょうね。

――「Good One」はトラック先行なんですか?

平井:いえ、僕の弾き語りが先です。基本的に全部そうですね、僕の曲は。もともとアコースティックギターやウクレレで弾き語るのが自分のルーツだし、それは今も変わってなくて。「Good One」も「こういうサウンドにしたい」とイメージしながらギターで歌って、それをもとにしてアレンジしたんです。エンジニアは10年来の仲間だし、「こういう音がほしい」「こんなリズムにしてほしい」と伝えると、あうんの呼吸で具現化してくれて。弾き語りの状態から、こういうファンキーなサウンドになるとは想像できないですよね(笑)。

――夏の夜の恋愛シーンを描いた歌詞も気持ちいいですね。

平井:あまり考えずに聴けるというか、雰囲気がよければいいかなと(笑)。僕にとっては、「Malibu Girl」と「Good One」が2大サマーチューンなんですよ、じつは。「Malibu Girl」が昼間で、「Good One」が夜のイメージ。どっちも夏にぴったりなので、楽しんでほしいですね。

――「Good One」には、「片手にはHennessy」というラインもあって。グラスと氷の音を入れる演出もいいですね。

平井:そうなんですよ。お酒は飲まないんですけどね、僕は(笑)。韻がちょうどよかったというか、言葉遊びみたいな感じです。

――続く「MIRROR MIRROR」には、「Mirror Mirror on the wall その中に/世界一の幸せを/ずっと映すから1秒たりとも/その目をそらさないで」という歌詞があって。これはラブソング……?

平井:そうかもしれないですね。きっかけはTikTokなんです。去年あたりからTikTokをはじめとするソーシャルメディアにも積極的に入っていて。若いカップルたちが僕の曲を使って一生懸命に表現したり、素晴らしい日常を送ろうとしていて、その姿勢を応援したくなったんですよね。ちょっとした恩返しも込めて、「壁にぶち当たることもあるだろうけど、素敵な日常を作り上げてほしい」という曲を作りたいなと。


▲平井 大 / MIRROR MIRROR(Lyric Video)

――平井さんの楽曲はTikTokでも数多くのユーザーに共有されてますからね。

平井:嬉しいですよね、ホントに。僕の音楽をどんな人たちが聴いてくれてるのか、以前はライブでしか直接見ることができなくて。今はソーシャルメディアを通して確認できるし、動画を通してつながっていることも実感できる。それはすごく嬉しいことだし、ありがたいです。

――「MIRROR MIRROR」のサウンドで動画をアップするカップルもたくさんいそうですね。

平井:ぜひアップしてほしいです。ティーンの人たちにも受け入れてもらいやすい、キラキラしたサウンドになってるので。もちろん自分が聴きたいサウンドも反映させているし、00年代のR&Bにインスパイアされているところあって。アッシャーもそうですけど、自分が若いときによく聴いてたり、アメリカに行ったときに流れていた音楽ですね。

――以降もリリースが続きますが、制作は順調ですか?

平井:ずっと作ってはいますけど、先のことはわからないです(笑)。(リリース表を見ながら)8月1日には梅雨は明けてますよね……。

――真夏になると、また気分も変わりますからね。

平井:そうなんですよ。リリース日だけは決まってるけど、できなかったらしょうがない(笑)。スケジュールを見ちゃうと怖くなるので、やっぱり“今日”を生きたほうがいいですね。

――(笑)音楽に対するモチベーションを維持するために、意識してやってることはあるんですか?

平井:それはもう、愛する人と一緒にいることですね。

――おお! 素晴らしい。

平井:音楽だけじゃなくて、人生のモチベーションに近いかもしれないですけどね。愛する人がいて、日常が豊かじゃないと、いい音楽は作れないので。そういう意味では、仕事と私生活が重なってるんですよ、僕の場合。プロとしてあるまじき姿勢かもしれないけど(笑)。



――いえいえ、素敵だと思います。日常が豊かじゃないと、いい音楽が生れないのも真理ですよね。ちなみに平井さんの毎日のルーティーンってどんな感じですか?

平井:朝起きて、犬の散歩して、筋トレして、仕事して。そんな感じかな。楽しいですよ。

――犬の散歩も大事?

平井:大事ですね。朝と夕方に散歩してるんですよ。2019年のツアーファイナルの横浜アリーナのときも、ライブが終わってすぐに帰って、犬の散歩しました(笑)。

――めちゃくちゃプライベートな時間を大事にしてるんですね。制作もプライベートスタジオで?

平井:いえいえ、そんなのないですよ。普段はリビングで作ってます、たまに寝ちゃったりしながら(笑)。弾き語りできる形になったら、スタジオに入って、エンジニアやミュージシャンと一緒にアレンジすることが多いですね。たまに1人で作り込むこともあるけど、あまり決めつけたくないというか、柔軟な状態で作っていきたいので。決めつけると、生きづらくなりますから(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「ステージで起きたことが正解」
  3. Next >

「ステージで起きたことが正解」

――では、新しい音楽をチェックすることは?

平井:チェックしてるつもりはないですけど、好きな音楽は聴いてますね。フィルターをかけず、「この曲、好きだな」という直感を信じるというか。あとはもう、好きという気持ちにフォーカスするだけですね。そうすれば「このエレキギターのフレーズにグッと来るんだな」とか「歌詞のメッセージに惹かれる」みたいなこともわかってくるので。誰がやってるとか、そういうバックボーンはどうでもいいんですよね。インディーズで名を知られていないバンドが素晴らしい音楽をやってることはいくらでもあるし、逆に、すごく売れていても「好きじゃないな」と思うこともあって。

――「フィルターをかけない」というのは、そういう意味なんですね。知名度や情報に関係なく、音楽だけを聴くというか。

平井:そうですね。名前とか売れているかどうかとかは、作品そのものの価値とは関係ないし、フィルターはジャマなだけなので。「〇〇年代の、こういうジャンル」みたいな情報も要らないです。その思い込みに左右されることもあると思うので。“好き”という気持ちにフォーカスするのは、音楽だけじゃないですけどね。人間関係もそう。

――すごい(笑)。まあ、悩みの多くは人間関係ですからね。

平井:好きな人と一緒にいれば、悩みなんてなくなりますよ(笑)。いまのスタッフのみなさんともすごく円滑ですね。ちょっとくらい遅刻しても何も言われないですから(笑)。



――それは良くないのでは(笑)。

平井:ハハハハ(笑)。でも、いきなり曲を思いつくこともあるじゃないですか。その時間を削ってしまうと、曲を作り続けるのが難しくなるので。

――ちなみに平井さん、子どもの頃はどうだったんですか? 学校生活に向かないような気がしますが……。

平井:イヤでしたね、学校。ずっとスケボーしたいとか、ウクレレ弾きたいと思ってたので。友達に会えるのは楽しいんだけど、よく先生には叱られました。「出ていけ!」と言われて、喜んで出て行っちゃったり(笑)。

――(笑)平井さん、もしかしてリフレッシュする必要もないですか?

平井:そうですね。愛する人の顔を見て、犬をかわいがっていれば「今日もがんばってよかったな」と思うので。まあ、マリブとかに家があったら最高ですけどね。60才過ぎたら、そういう場所でのんびりしたくなるかも……。

――やっぱりリゾートが好きなんですね。

平井:ただ、僕は東京出身で、ここが故郷なんですよ。生まれ育った場所なので、いちばん落ち着くのは東京なんですよね。以前、旅番組の撮影でハワイの田舎に1週間滞在したんですけど、2~3日で渋谷や原宿が恋しくなりましたから(笑)。ハワイだったら、ワイキキがいいですね。都会だし、海も近いし、ごはんも美味しいし。



――平井 大さん、東京出身のイメージがないかも。

平井:そうみたいですね。「海のそばで育ったんですか?」って言われることもあるんだけど、ちゃきちゃきの江戸っ子です(笑)。

――(笑)最後に、今後の活動について。7週連続リリースに続き、9月からは全国ツアー【HIRAIDAI Concert Tour 2021-2022】がはじまります。どんなツアーになりそうですか?

平井:これからですね、それは。まだセットリストも決めてないし、メンバーと音も出してないので。20カ所近いツアーは久しぶりなので、まずは自分たちが楽しもうと思ってます。途中で飽きちゃっても、チケットが売れてたらやらないといけないので(笑)。

――ツアー中、飽きない工夫もしてるんですか?

平井:その日の目標を決めてますね。「この曲のギターソロをしっかり弾く」とか、「ここの歌い出しの完成度を上げる」とか。それが1つあるだけでも全然違うんですよ。あとは、その日の気分に従うことですね。もし「めんどくさいな」と思ったら、その気持ちのままステージに出る。そうすれば、その日だけの音が出せるはずなので。何カ所も来てくれる人は楽しいと思いますよ。「平井さん、今日はめちゃくちゃ気合い入ってるな」とか、「今日はちょっとやる気ないな」とか(笑)。そういう人間味も感じてもらえたらなと。

――めちゃくちゃ自然体ですね。

平井:そうですね(笑)。先輩のミュージシャンに言われた、「ステージで起きたことが正解」という言葉も大きいですね。練習通りにいかなかったとしても、ステージで起きたことがその日の表現なんだっていう。リハーサルでは完成度を求めますけど、ステージではどうなるかわからない。それを楽しみたいんですよね。

関連キーワード

TAG

関連商品

Slow & Easy
平井大「Slow & Easy」

2015/05/06

[CD]

¥2,750(税込)

Slow & Easy
平井大「Slow & Easy」

2015/05/06

[CD]

¥3,630(税込)

ALOOOOHANA!!
平井大「ALOOOOHANA!!」

2014/07/02

[CD]

¥2,750(税込)

ALOOOOHANA!!
平井大「ALOOOOHANA!!」

2014/07/02

[CD]

¥3,630(税込)

The Light
平井大「The Light」

2014/01/29

[CD]

¥1,980(税込)

ドリーム
平井大「ドリーム」

2013/07/24

[CD]

¥1,572(税込)

ALOHA
平井大「ALOHA」

2012/05/16

[CD]

¥2,619(税込)

夏音~passing by~
平井大「夏音~passing by~」

2009/10/07

[CD]

¥2,619(税込)

My Style
平井大「My Style」

2008/07/23

[CD]

¥1,572(税込)

THE GIFT
平井大「THE GIFT」

2019/07/31

[CD]

¥3,056(税込)

THE GIFT
平井大「THE GIFT」

2019/07/31

[CD]

¥4,950(税込)

THE GIFT
平井大「THE GIFT」

2019/02/27

[CD]

¥1,100(税込)

Slow & Easy
平井大「Slow & Easy」

2015/05/06

[CD]

¥2,750(税込)

Slow & Easy
平井大「Slow & Easy」

2015/05/06

[CD]

¥3,630(税込)

ALOOOOHANA!!
平井大「ALOOOOHANA!!」

2014/07/02

[CD]

¥2,750(税込)

ALOOOOHANA!!
平井大「ALOOOOHANA!!」

2014/07/02

[CD]

¥3,630(税込)

ドリーム
平井大「ドリーム」

2013/07/24

[CD]

¥1,572(税込)

ALOHA
平井大「ALOHA」

2012/05/16

[CD]

¥2,619(税込)

夏音~passing by~
平井大「夏音~passing by~」

2009/10/07

[CD]

¥2,619(税込)

My Style
平井大「My Style」

2008/07/23

[CD]

¥1,572(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】Kis-My-Ft2『Fear / SO BLUE』初週13.7万枚でシングル・セールス首位

  2. 2

    King & Prince、最新SG収録「恋降る月夜に君想ふ」-Re:Sense LIVE ver.-ダイジェスト映像公開

  3. 3

    I Don’t Like Mondays.、約2年ぶりの有観客ツアー開幕&9/29配信限定シングル「音楽のように」リリース発表

  4. 4

    NOA、DOPEなサウンドと大人な一面を魅せる新曲「Don’t Waste My Time」MV公開

  5. 5

    【ビルボード】桑田佳祐『ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し』週間アルバム・セールス首位デビュー

HOT IMAGES

注目の画像