Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>MONSTA XのI.M 初のソロ・デジタル・ミニ・アルバム『DUALITY』――「無心で自分自身に集中した」



I.Mインタビュー

 2015年に韓国でデビューし、アジアのみならず欧米諸国でも根強い人気を誇るMONSTA XからI.Mがソロデビューを果たした。I.Mはこれまで2016年に1stミックステープ「WHO AM I feat. YESEO」を、2019年には2ndミックステープ「HORIZON」を発表しており、MONSTA Xの激しくパワフルな印象とは正反対の淡々としたラップは、MONSTA Xのファン以外にも受け入れられてきた。

 米ビルボードによると、2021年3月6日付のワールド・デジタル・ソング・セールス・チャートで、タイトル曲の「God Damn」が9位でトップ10入りを果たし、「Howlin'」は17位、「Happy to Die」は19位、「시든 꽃(Flower-ed)」は20位、「Burn」は21位と、本作に収録される全曲が上位にチャートインした。全5曲の作詞・作曲を自ら手掛けたアルバム『DUALITY』で彼が表現したかったこととは? アルバム制作に没頭しながら自分と向き合ったと語るI.Mの初ソロ・インタビューをお届けする。

自分なりの言葉で何かを表現することーー
それがアルバムの中で一番大きなポイント

――まずは初のソロ・ミニ・アルバム『DUALITY』のリリース、おめでとうございます。ソロで活動してみたいというのは以前から考えていたんですか?

I.M:特にソロで活動したいと考えたことはなかったんですが、僕なりの音楽というものをみなさんにお聴かせしたいという気持ちはずっとありました。これまでMONSTA Xとしてグループ活動をしてきた中で、僕にしかできないことを見てもらいたいという気持ちはずっとあったので、今回のソロ・アルバムでは僕にしかできない音楽をみなさんにお届けできたのではないかと思っています。

――アルバム・タイトルの『DUALITY』は「二重性」という意味ですが、このアルバムを『DUALITY』と名付けた理由は?

I.M:タイトルをどうしようかとアルバムの制作をしながらずっと悩んでいたんですが、すべての曲が出揃った時、「この曲たちに共通することはなんだろう?」と考えてみたところ、「二重性」ではないかと思い至って、名付けました。

――I.Mさん自身の中に『DUALITY』、つまり「二重性」を感じることはあったんですか?

I.M:あります。「二重性」は、僕自身を言い表すのに一番的確な言葉なんですよ。「二重性」というと、もしかしたらネガティブなイメージを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、決して否定的な意味合いだけを持つ言葉ではないんです。人にはいろんな面がある、ということを僕なりの言葉で「二重性」と表現していると思ってもらうのが近いかもしれません。僕自身、自分はこういう人間だと思い込んでいたことが、実はそうではないかもしれないと気づく時、自分の中に存在する「二重性」を感じます。自分の中に、自分でも気づかなかった感情や、新しい自分を発見した時なんかもそうですね。

――内面に焦点をあてた歌詞と先鋭的なサウンドなど、I.Mさんのこだわりが感じられるアルバムになっていると思います。今回のソロ・アルバムを作るにあたって、最もこだわったところは?

I.M:今回のアルバムでは特に歌詞に注力しました。自分の中にあるものを見つめて、取り出し、歌詞に反映させることを大事にしていました。自分を表現することに対する畏れや恐怖はなかったけど、自分なりの言葉で何かを表現すること、それが僕にとっては今回のアルバムの中で一番大きく、重要なポイントでした。なので、時にはメロディは浮かんでもそこに当てはまる言葉がなかなか出てこなくて、アルバム作業が進まないといったこともありましたね。

――このアルバムにはどれくらいI.Mさん自身が反映されていると思いますか?

I.M:何パーセント反映されている、と定義するのは難しいですね。でも、自分の感情に嘘をついている歌詞はひとつもありませんし、自分の話ではなかったとしても、僕が書いた歌詞なので、自分の中から生まれたものだからそれは僕自身を反映していると言っていいんじゃないかな、とは思います。大っぴらに「僕はこういう人間です」ということを書きたかったわけではないけれど、僕の音楽を通して、僕について感じてもらえるところは当然あると思っています。歌詞を書く上で、「自分をこう見せたい」と意図して書いたところはないにしろ、それでもきっと自然ににじみ出る部分はあると思うんですよね。僕が歌詞を書いて、僕が歌って、作った曲たちなので。

――全文韓国語歌詞の「시든 꽃(Flower-ed)」を除き、アルバム収録曲は英語で書かれた歌詞の割合が多かったですが、世界中のファンに聴いてもらいたいという気持ちの表れでしょうか?

I.M:正直な話、そこは特に何も考えてなかったです(笑)。ただ書きたいように書いてみたらああなった、というだけですね。英語で書きはじめて英語で終わった歌詞もあれば、英語で書いて途中で韓国語を入れたほうがいいなと思ってそうした歌詞もあるし。「시든 꽃(Flower-ed)」は韓国語のみの歌詞ですが、これは韓国語で書きはじめてそのまま書き終わったからです。特に意図があったわけではなくて、書き進めるうちに自然とそうなった、というのが正確な表現ですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 無心で集中できる時間が僕には必要だった
  3. Next >


無心で自分自身に集中できる時間
そういう時間が僕には必要だった

――アルバム全曲をアトランタのSING MasteringのCOLIN LEONARDさんがマスタリングを担当しています。彼を選択した理由は?

I.M:今回のアルバムではキックベースに重点を置きたかったのと、僕の声が基本的に中低音なので、その音域に強いエンジニアを探して、COLIN LEONARDさんにお願いすることになりました。彼のクレジットを見ると世界的に有名なアーティストの作品を担当されているし、今回依頼することになるまで僕も知らなかったんですが、実はMONSTA Xのアルバム『ALL ABOUT LUV』もやってくれている方なんですよね。ミキシングは韓国でやりました。

――収録曲について、1曲ずつ紹介してください。

I.M:「God Damn」は、自分でも自分の状態がよくわかっていない時に作りはじめた曲で、この曲を作りながらその答えを見つけ出したという思い出があります。「God Damn」というと怒ったりイライラするようなときに使う言葉ですが、「God」と「Damn」で区切れば、それぞれ違う意味合いを持ってるんですよ。そういうところに「二重性」が表現されていると思いました。


 「Howlin’」は吠える、わめく、鳴き声という意味ですが、僕としては「Crying」の「泣く」と、自分のアイデンティティを表現するための「鳴き声」の意味をあわせ持つ言葉として定義づけています。自分自身が何者なのかを知らせるための遠吠えみたいな曲です。夜にドライブしている時に聴くのにピッタリな曲だと思います。

 最近はコロナのせいでステイホームが推奨されているので、自宅や作業室にいる時間がすごく増えました。そんな中、作業室でキャンドルを焚いていた時、その火をボーッと見ながら過去の出来事やその時の感情を燃やす想像をしてみたんです。そうして生まれたのが「Burn」です。

 「Happy to Die」はある程度メロディを完成させた状態でどんな歌詞を書こうか悩んでいた時、ちょうど観た映画『エターナル・サンシャイン』にインスピレーションを受けて完成した曲です。

 「시든 꽃 (flower-ed)」は作業室に飾ってあった花が枯れてしまって、その花を見ながら、「花の視点で人間を見たらどうなんだろう?」と想像しながら書いてみた曲です。

――アルバム全般を通して、暗いか明るいかで言ったら暗い割合のほうが多いとは思うのですが、このアルバムの制作過程がI.Mさんにとって癒やしになっていたということはありますか?

I.M:アルバムを制作している時間はとても楽しかったですね。なんというか、自分が解き放たれたような、開放されたような、自由になったような気がしましたし、無心で自分自身に集中できる時間でもありました。そういう時間が僕には必要だったんだと、今になってみると思います。

――どの曲も素晴らしいですが、この中で「God Damn」をタイトル曲に選んだ理由はなんですか?

I.M:アルバム全曲の中で「God Damn」がもっとも早く出来上がった曲でもありますし、僕自身のムードをうまく表している曲だと思ったからです。

――アルバムの出来には満足していますか?

I.M:きっと誰もがそうだと思うんですけど、出来上がったものを見ると、どうしても手直ししたくなるものじゃないですか。歌であれ、作品であれ、文章であれ。でも、その時の僕にできたことはやりきったと思います。だからといって完全に満足した、というわけでもないのですが……。今ならよりよい作品を作れるんじゃないか、という思いはありますね。

――早くも次回作が楽しみですね。

I.M:僕も楽しみです(笑)。

――最後に、このインタビューでもしかしたら初めてI.Mさんを知ることになるかもしれない方にメッセージをお願いします。

I.M:このアルバムを作った僕が言うのもなんですが、本当にいい作品になったと思います。ぜひ聴いてください!

――これは個人的な感想ですが、このアルバムを聴いたら、I.Mさんのことが少しだけわかったような気がしました。

I.M:本当ですか? だとしたら、このアルバムは成功ですね(笑)。

サイン入りチェキをプレゼント

取材時に撮影したI.Mのサイン入りチェキを抽選で3名様にプレゼント!
Billboard JAPANの公式Twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)をフォロー&ハッシュタグ#IMDuality_BBJをツイートして、応募完了です。下記注意事項をご確認の上、ふるってご応募ください!

・応募締め切り:2021年3月31日(水)23:59
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMをお送りします。当選時に@Billboard_JAPANをフォローされていない場合、当選は無効となります。
・種類は選べません。

関連キーワード

TAG

関連商品

Flavors of love
MONSTA X「Flavors of love」

2021/05/05

[CD]

¥3,000(税込)

Flavors of love
MONSTA X「Flavors of love」

2021/05/05

[CD]

¥4,800(税込)

WANTED
MONSTA X「WANTED」

2021/03/10

[CD]

¥1,300(税込)

WANTED
MONSTA X「WANTED」

2021/03/10

[CD]

¥1,980(税込)

WANTED
MONSTA X「WANTED」

2021/03/10

[CD]

¥2,200(税込)

Phenomenon
MONSTA X「Phenomenon」

2019/08/21

[CD]

¥2,852(税込)

Phenomenon
MONSTA X「Phenomenon」

2019/08/21

[CD]

¥4,369(税込)

Phenomenon
MONSTA X「Phenomenon」

2019/08/21

[CD]

¥4,369(税込)

Alligator
MONSTA X「Alligator」

2019/06/12

[CD]

¥1,324(税込)

Alligator
MONSTA X「Alligator」

2019/06/12

[CD]

¥2,343(税込)

Alligator
MONSTA X「Alligator」

2019/06/12

[CD]

¥2,138(税込)

LIVIN’ IT UP
MONSTA X「LIVIN’ IT UP」

2018/09/12

[CD]

¥1,935(税込)

LIVIN’ IT UP
MONSTA X「LIVIN’ IT UP」

2018/09/12

[CD]

¥2,138(税込)

PIECE
MONSTA X「PIECE」

2018/04/25

[CD]

¥2,750(税込)

PIECE
MONSTA X「PIECE」

2018/04/25

[CD]

¥4,369(税込)

PIECE
MONSTA X「PIECE」

2018/04/25

[CD]

¥4,369(税込)

SPOTLIGHT
MONSTA X「SPOTLIGHT」

2018/01/31

[CD]

¥1,222(税込)

SPOTLIGHT
MONSTA X「SPOTLIGHT」

2018/01/31

[CD]

¥1,935(税込)

SPOTLIGHT
MONSTA X「SPOTLIGHT」

2018/01/31

[CD]

¥2,138(税込)

Beautiful
MONSTA X「Beautiful」

2017/08/23

[CD]

¥1,222(税込)

Beautiful
MONSTA X「Beautiful」

2017/08/23

[CD]

¥1,935(税込)

Beautiful
MONSTA X「Beautiful」

2017/08/23

[CD]

¥2,138(税込)

HERO
MONSTA X「HERO」

2017/05/17

[CD]

¥1,222(税込)

HERO
MONSTA X「HERO」

2017/05/17

[CD]

¥2,138(税込)

HERO
MONSTA X「HERO」

2017/05/17

[CD]

¥2,138(税込)

Flavors of love
MONSTA X「Flavors of love」

2021/05/05

[CD]

¥3,000(税込)

Flavors of love
MONSTA X「Flavors of love」

2021/05/05

[CD]

¥4,800(税込)

WANTED
MONSTA X「WANTED」

2021/03/10

[CD]

¥1,300(税込)

WANTED
MONSTA X「WANTED」

2021/03/10

[CD]

¥1,980(税込)

WANTED
MONSTA X「WANTED」

2021/03/10

[CD]

¥2,200(税込)

Phenomenon
MONSTA X「Phenomenon」

2019/08/21

[CD]

¥2,852(税込)

Phenomenon
MONSTA X「Phenomenon」

2019/08/21

[CD]

¥4,369(税込)

Phenomenon
MONSTA X「Phenomenon」

2019/08/21

[CD]

¥4,369(税込)

Alligator
MONSTA X「Alligator」

2019/06/12

[CD]

¥1,324(税込)

Alligator
MONSTA X「Alligator」

2019/06/12

[CD]

¥2,343(税込)

Alligator
MONSTA X「Alligator」

2019/06/12

[CD]

¥2,138(税込)

Shoot Out
MONSTA X「Shoot Out」

2019/03/27

[CD]

¥1,324(税込)

Shoot Out
MONSTA X「Shoot Out」

2019/03/27

[CD]

¥1,935(税込)

Shoot Out
MONSTA X「Shoot Out」

2019/03/27

[CD]

¥2,138(税込)

LIVIN’ IT UP
MONSTA X「LIVIN’ IT UP」

2018/09/12

[CD]

¥1,935(税込)

LIVIN’ IT UP
MONSTA X「LIVIN’ IT UP」

2018/09/12

[CD]

¥2,138(税込)

PIECE
MONSTA X「PIECE」

2018/04/25

[CD]

¥2,750(税込)

PIECE
MONSTA X「PIECE」

2018/04/25

[CD]

¥4,369(税込)

PIECE
MONSTA X「PIECE」

2018/04/25

[CD]

¥4,369(税込)

SPOTLIGHT
MONSTA X「SPOTLIGHT」

2018/01/31

[CD]

¥1,222(税込)

SPOTLIGHT
MONSTA X「SPOTLIGHT」

2018/01/31

[CD]

¥1,935(税込)

SPOTLIGHT
MONSTA X「SPOTLIGHT」

2018/01/31

[CD]

¥2,138(税込)

Beautiful
MONSTA X「Beautiful」

2017/08/23

[CD]

¥1,222(税込)

Beautiful
MONSTA X「Beautiful」

2017/08/23

[CD]

¥1,935(税込)

Beautiful
MONSTA X「Beautiful」

2017/08/23

[CD]

¥2,138(税込)

HERO
MONSTA X「HERO」

2017/05/17

[CD]

¥1,222(税込)

HERO
MONSTA X「HERO」

2017/05/17

[CD]

¥2,138(税込)

HERO
MONSTA X「HERO」

2017/05/17

[CD]

¥2,138(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】BTS「Butter」首位返り咲き ポルノグラフィティ「サウダージ」初のトップ10入り

  2. 2

    ビヨンセ、夫ジェイ・Zと出演するティファニーの最新キャンペーン動画で「ムーン・リバー」をカヴァー

  3. 3

    カミラ・カベロ初主演映画『シンデレラ』サントラが本日発売、オリジナル曲「ミリオン・トゥ・ワン」も収録

  4. 4

    King Gnu、7会場14公演となるアリーナツアーを開催決定、10/29からスタート

  5. 5

    初音ミクが歌う楽曲「千本桜」誕生10周年を祝う音楽フェス、11/21に開催決定

HOT IMAGES

注目の画像