Billboard JAPAN


Special

神はサイコロを振らない 柳田周作(Vo.)が音楽を作り続ける理由――「神サイの音楽で生かし、生かされている」



神はサイコロを振らないインタビュー

 2020年に「夜永唄」がSNS、ストリーミングを中心にロングヒットを記録し、柳田周作(Vo.)の表情豊かなボーカルと、バンドの持つ世界観が注目され、知名度を大きく上げたロックバンド、神はサイコロを振らないが1stシングル『エーテルの正体』をリリース。「未来永劫」(TVアニメ『ワールドトリガー』2ndシーズンエンディングテーマ」)、「クロノグラフ彗星」(ドラマ『星になりたかった君と』主題歌)を含む本作には、柳田が紡ぎ出す歌を中心にしながら、音楽性・サウンドメイクを進化させ続ける“神サイ”の新たな表現が刻み込まれている。本作『エーテルの正体』とバンドの現状について、柳田に聞いた。

“ライブをやりたい”という
気持ちが強まっていたからこそ生まれた曲

――2020年7月にメジャー第1弾デジタル・シングル「泡沫花火」、11月にデジタルEP『文化的特異点』、そして2021年3月に1stシングル『エーテルの正体』をリリース。メジャー・デビュー以来、順調にリリースが続いてますね。

柳田周作:そうですね。前作のEPを出した後も制作を続けていて、とっておきの4曲が揃ったところで「フィジカルCDを出そう」ということになって。けっこう短いスパンで、間髪入れず作った感じです。

――去年はほとんどライブができなかったと思いますが、制作は継続していたと。

柳田:神サイを結成して5年になるんですけど、去年がいちばん濃厚でした。メンバー、スタッフが一丸になって、必死に食らいついて頑張っていたし、ライブはなかったけど、すごく充実していたと思います。

――今回のシングルにも、神サイの新しい表現が感じられる個性豊かな楽曲が揃っていて。まず1曲目の「未来永劫」はTVアニメ『ワールドトリガー』2ndシーズンのエンディングテーマ。『ワールドトリガー』の主要な3人のキャラクターをイメージして制作されたそうですね。

柳田:はい。原作のマンガも以前からずっと読んでいたし、3人の人間模様を描きたいと思って制作に取り掛かって。でも、気付いたら自分の過去のこともオーバーラップして書いてたんですよ。中学校から仲がいい友達が2人いるんですけど、今でも週2くらいで電話するし、あっちから「神サイの曲、カラオケで歌った」って動画が送られてきたり(笑)。学生の頃は3人で何時間もかけて自転車で海に行ったり、河川敷でヘンなムービー撮ったりしてて。笑いあったり、涙しあったり、ときにはケンカしたり……という青春の日々を書き連ねていたら、『ワールドトリガー』の世界とも自然とリンクしてたんですよね。


――なるほど。バンドに対する感情も重なっているのでは?と思ったのですが。

柳田:ベースの桐木(岳貢/Ba.)も「バンドのことを歌ってるのかと思った」って言ってましたね。確かに神サイも一人一人の光はそんなに強くないし、この4人が一緒になって初めて大きな光になれるという解釈もできるのかな、と。聴く人によっては家族のことを浮かべるかもしれないし、いろんな視点で聴いてもらいたいですね。

――きらびやかな光を想起させるサウンドも、歌詞の世界とリンクしていて。

柳田:そうなんですよね。最初はもっと男くさい、泥くさいロックだったんですよ。でも、歌詞が出来上がるにつれて、懐かしさ、エモーショナルなところと同時に、キラッとした音が欲しいなと思って、サウンドの重心を上げたんです。歌詞が呼ぶほうにアレンジしていって、この形になったというか。

――『ワールドトリガー』のファンのみなさんからの反応はどうでした?

柳田:ネットやSNSとかで見ていると「このバンド知らなかったけど、いい曲」とか「原作をちゃんと読んでる人が書いてる歌詞だ」という意見やメッセージもあって。「こちらこそ、すいません」という感じですけど(笑)、喜んでくれてる人もたくさんいて嬉しかったですね。作って良かったなと思いました。神サイはディープな曲が多かったんですけど、「未来永劫」は前向きというか、優しい歌になった気がしていて。MVでもめっちゃいい顔で歌ってるんですよ(笑)。自然な感じで笑ってるし、映像を観たときに「ひとつ殻を破れたのかな」と思いましたね。

――2曲目の「クロノグラフ彗星」は疾走感のあるアッパーチューン。この今日はドラマ『星になりたかった君と』の主題歌ですね。

柳田:擦り切れるくらいまで台本を読んでから制作に入りました。『星になりたかった君と』は、“主人公の大学生が小さいときに新星を見つけた”というのがポイントになっていて。それを自分たちに置き換えると、同じ夢を見て頑張ってるメンバーとの関係だったり、僕らとファンのみなさんとの関係ともリンクしていたりするのかなと。2020年はライブがほとんどできなくて、ファンのみなさんの声を直接聞くことができなくて。でも、僕は頑張って走り続けていたし、ファンの方もSNSを通してたくさんメッセージを送ってくれたんです。「リリースおめでとう」だったり、「神サイの音楽のおかげで、明日も頑張ろうって思えます」だったり。そうやって繋がれるのはすごく素敵だし、そのことも歌詞に落とし込めたと思います。アレンジに関しては、ライブをイメージしてたんですよ。<Oh Yeah!>というシンガロングのパートもそうだし、ライブの景色を思い浮かべながら音を選んで、アレンジを作っていったので。「ライブをやりたい」という気持ちが強まっていたからこそ生まれた曲ですね。


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 音楽が道標や光になっている
  3. Next >

音楽が道標や光になっているんだなと改めて気づいた

――ライブが出来るようになったときのために、準備はしっかりやっていると。3曲目の「プラトニック・ラブ」は悲しみが滲み出るバラード・ナンバー。この曲も新曲ですか?

柳田:もともと頭のなかにあった曲なんですよ。「夜永唄」のアフター・ストーリー、後日談みたいな楽曲なんですけど、「夜永唄」が悲壮感だとしたら、「プラトニック・ラブ」は虚無を表現していて。悲しみの先にある空っぽの状態というか……。歌い方は平坦で、バンドの音はドラマティックに展開してるんですけど、そのバランスもすごく良くて。

――虚無感が際立ってますよね、確かに。

柳田:東京事変、the HIATUSでキーボードを弾いてる伊澤一葉さんにアレンジャー、ピアノ演奏で参加してもらったんです。ボーカルのディレクションもお願いしたんですけど、それがすごくおもしろくて。最初に悲しみを帯びた声で歌ったら、伊澤さんに「無になって歌ってみて」と言われたんですよ。やってみたら、悲しみの先にある感情が感じられるようになったし、神サイと伊澤さんの化学反応というか、すごいマジックがありましたね。演奏のフレーズも事前にガッチリ決めず、「感じたままにやってみて」という感じで。それもすごく良かったと思います。


――生々しいギターソロも素晴らしいですね。

柳田:あのギターソロ、僕が弾いてるんですよ! 最初はウチのギタリスト(吉田喜一)に弾いてもらおうと思ってたんだけど、フレーズを考えたのは僕だし、ちょっとしたニュアンスが大事だと思ったから、「俺がいってまうわ!」と。すごい顔して、汗だくで弾きました(笑)。

――めちゃくちゃ“歌”を感じるギターソロだと思います。そして4曲目の「1on1」はドラマ『ヒミツのアイちゃん』の主題歌。この曲、打ち込みも入ってますよね?

柳田:歌とギターが生で、ベースとドラムは打ち込みですね。『ヒミツのアイちゃん』の主人公の愛子は男勝りな性格なんですけど、メイドカフェでバイトすることになって。その対照的な姿を音楽で表現したいと思って、歌とギターは生、ベースとドラムはデジタルに振り切ろうと。歌詞も1番は男っぽくて、2番は女の子っぽいんですけど、2番は「どれだけ女性になれるか」を意識して歌ってるんですよ。

――すごい(笑)。ちなみにベースの桐木さん、ドラムの黒川さんは、打ち込みの音を取り入れることについて、どんな反応だったんですか?

柳田:僕のアイデアを優先してくれましたね。自分としては「最終的にライブで表現できればいい」と思ってるんですよ。ライブではシンセベースを弾いて、ドラムも打ち込みの音を加えることで再現できるのかなと。音源に関しては僕に委ねてもらってます。結成当初はけっこうぶつかってたんですけど、僕はめちゃくちゃ我が強いので(笑)。あと、4人の生音だけに縛られたくないという気持ちもあるんですよ。シーンを見ても、音楽の在り方はどんどん移り変わっているし、生音だけにこだわるのは違うのかな、と。頭のなかに浮かんでるものが生音じゃない場合もあるし、もともとルーツがJ-POPですからね。いろんな音色のなかで歌が確立しているというのが、美しい形なのかなって。「1on1」に関してはドラマーが「どうすればいいんやろ?」って不安がってますけど(笑)、大丈夫、何とかします。

――(笑)。やはり柳田さんは、バントというスタイルが合ってるんですね。

柳田:そうですね。去年は音楽以外のこともけっこうやったんですよ。僕が脚本を書いてドラマのようなものを撮ったり、学生服のコスプレでおもしろ動画を撮ったり(笑)。なかなか再生数が伸びないんですけど(笑)、とにかく、この4人で何かをやることが大事なので。このバンドを始めてから、まだたった5年ですけど、いろんな苦難を乗り越えてきた仲間ですからね。


NYAO 第一話「触角」


神サイ学園 1限目「球遊び」-パーフェクト・ルーキーズ-

――シングルのタイトルは『エーテルの正体』。エーテルは、光や電磁波を伝える物質のことですね。

柳田:はい。さっきも言ったように、去年はファンのみなさんからたくさんメッセージを送ってもらって。「神サイの音楽があるから生きていける、頑張れる」という声を受け取ったときに、「音楽を作る理由はそこにあるし、僕らも皆さんのメッセージによって生かされている」と思ったんです。お互いに生かしあっているし、音楽が道標や光になっているんだなと改めて気づいて。エーテルは光を伝えるための媒体なんですけど、神学では“永遠に光り続ける”という意味なんです。2020年に気付いたことを曲にして2021年最初の作品として出せるんだから、『エーテルの正体』というタイトルが最適解なのかなと。

――5月から6月にかけて全国ツアー【Live Tour 2021「エーテルの正体」】の開催も決定。約2年ぶりのワンマンツアーですね。

柳田:まず、こういう状況のなかで準備を進めてもらってることに感謝でいっぱいです。僕らもしっかり準備して、みなさんに楽しんでもらえる演奏、パフォーマンスを見せたいですね。2020年に作った曲もやりたいし、濃いライブにしたいですね。メジャー・デビューしてから、直接「ありがとう」と伝えたことは一度もないし、早くステージに立ちたいです。

――めちゃくちゃ楽しみです! 制作も続いているんですか?

柳田:いまはちょっとひと段落して、次のプロジェクトの準備をしているところですね。実現すればすごくおもしろいことになると思うので、期待しててください!

関連キーワード

TAG

関連商品

エーテルの正体
神はサイコロを振らない「エーテルの正体」

2021/03/17

[CD]

¥1,500(税込)

エーテルの正体
神はサイコロを振らない「エーテルの正体」

2021/03/17

[CD]

¥1,500(税込)

エーテルの正体
神はサイコロを振らない「エーテルの正体」

2021/03/17

[CD]

¥2,400(税込)

理 -kotowari-
神はサイコロを振らない「理 -kotowari-」

2020/02/19

[CD]

¥2,000(税込)

ラムダに対する見解
神はサイコロを振らない「ラムダに対する見解」

2019/05/22

[CD]

¥1,834(税込)

subim
神はサイコロを振らない「subim」

2017/06/28

[CD]

¥1,760(税込)

subim
神はサイコロを振らない「subim」

2017/06/28

[CD]

¥1,760(税込)

ナスタチウムの花
神はサイコロを振らない「ナスタチウムの花」

2016/12/07

[CD]

¥1,100(税込)

ナスタチウムの花
神はサイコロを振らない「ナスタチウムの花」

2016/12/07

[CD]

¥1,100(税込)

anfang
神はサイコロを振らない「anfang」

2016/07/06

[CD]

¥1,760(税込)

anfang
神はサイコロを振らない「anfang」

2016/07/06

[CD]

¥1,760(税込)

エーテルの正体
神はサイコロを振らない「エーテルの正体」

2021/03/17

[CD]

¥1,500(税込)

エーテルの正体
神はサイコロを振らない「エーテルの正体」

2021/03/17

[CD]

¥1,500(税込)

エーテルの正体
神はサイコロを振らない「エーテルの正体」

2021/03/17

[CD]

¥2,400(税込)

理 -kotowari-
神はサイコロを振らない「理 -kotowari-」

2020/02/19

[CD]

¥2,000(税込)

ラムダに対する見解
神はサイコロを振らない「ラムダに対する見解」

2019/05/22

[CD]

¥1,834(税込)

subim
神はサイコロを振らない「subim」

2017/06/28

[CD]

¥1,760(税込)

subim
神はサイコロを振らない「subim」

2017/06/28

[CD]

¥1,760(税込)

ナスタチウムの花
神はサイコロを振らない「ナスタチウムの花」

2016/12/07

[CD]

¥1,100(税込)

ナスタチウムの花
神はサイコロを振らない「ナスタチウムの花」

2016/12/07

[CD]

¥1,100(税込)

anfang
神はサイコロを振らない「anfang」

2016/07/06

[CD]

¥1,760(税込)

anfang
神はサイコロを振らない「anfang」

2016/07/06

[CD]

¥1,760(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】BTS「Butter」首位返り咲き ポルノグラフィティ「サウダージ」初のトップ10入り

  2. 2

    ビヨンセ、夫ジェイ・Zと出演するティファニーの最新キャンペーン動画で「ムーン・リバー」をカヴァー

  3. 3

    カミラ・カベロ初主演映画『シンデレラ』サントラが本日発売、オリジナル曲「ミリオン・トゥ・ワン」も収録

  4. 4

    King Gnu、7会場14公演となるアリーナツアーを開催決定、10/29からスタート

  5. 5

    初音ミクが歌う楽曲「千本桜」誕生10周年を祝う音楽フェス、11/21に開催決定

HOT IMAGES

注目の画像