Billboard JAPAN


Special

Rain Drops『オントロジー』全メンバー(緑仙、三枝明那、童田明治、鈴木勝、える、ジョー・力一)集合インタビュー



Rain Drops『オントロジー』全メンバー(緑仙、三枝明那、童田明治、鈴木勝、える、ジョー・力一)集合インタビュー

バーチャルシーン全体の未来が懸かっている

 昨今のVTuber/バーチャルライバーシーンに多大な影響を与え、昨年末に前代未聞のバーチャルフェスを両国国技館で実現した“にじさんじプロジェクト”発、ユニバーサルジャパンよりメジャーデビューした音楽ユニット・Rain Drops。Billboard JAPANアルバムチャート含む全11部門で総合1位を獲得したデビュー作『シナスタジア』から半年、真価が問われる新アルバム『オントロジー』のリリースにあわせて全メンバー(緑仙、三枝明那、童田明治、鈴木勝、える、ジョー・力一)が集結し、赤裸々な想いを語ってくれた。前代未聞の革命物語を突き進む6人の今、ぜひご覧頂きたい。

Rain Dropsメンバー:
緑仙(りゅーしぇん/Ryushen)
三枝明那(さえぐさあきな/Akina Saegusa)
童田明治(わらべだめいじー/Meiji Warabeda)
鈴木勝(すずきまさる/Masaru Suzuki)
える/Elu
ジョー・力一(じょーりきいち/Joe Rikiichi)

2020年「新しい生活様式が僕らにとってはデフォルトだった」

--前回はデビュー直前にインタビューさせて頂きましたが、半年経ってRain Dropsがどんなユニットと実感していますか?

Rain Drops - 11/25発売『オントロジー』XFDムービー
Rain Drops - 11/25発売『オントロジー』XFDムービー

ジョー・力一:最初はすごろくのコマみたいにとんとんとんと6つ並んでいたのが、人生ゲームで例えるなら、全部ひとつの車に乗ったなって。

--あのマッチ棒みたいなコマですよね(笑)。

ジョー・力一:そうです(笑)! 僕らの場合は6つとも色が違うんですけど、今回の『オントロジー』でしっかり揃ったなと実感しています。

える:仲が良くなりました! 最初に集められた時点では、6人の共通点はオーディションで受かった“にじさんじ”のバーチャルライバー、それだけしかなかったし、今までお互いにコラボしてきた訳でもなかったんですよね。だから「どんな化学反応を見せるんだろう? どうなっちゃうんだろう?」って不安混じりのスタートではあったんですけど、デビューアルバム『シナスタジア』をリリースして、そのプロモーションや番組を通してメンバー間でどんどんお互いのことが分かってきて、それは今回の『オントロジー』に収録されている歌にも表れている。1stと2ndではだいぶ変わってきていると思いますね。

--Rain Dropsのような形態や成り立ち方の音楽ユニットがメジャーデビューする例って類を見なかったと思うので、ゆえに世に受け入れられるのか不安もあったと思うんですけど、結果としてデビューアルバム『シナスタジア』がBillboard JAPANアルバムチャート含む全11部門で総合1位を獲得。この状況に対してはどんな気持ちになりましたか?

Rain Drops『VOLTAGE』Music Video (『シナスタジア』収録曲)
Rain Drops『VOLTAGE』Music Video (『シナスタジア』収録曲)

三枝明那:デビューアルバムって僕らがどんな音楽をやっていくのか、どういう表現をしていくのか分からない状態で買って頂いている訳だから、そもそもの期待値がそのまま表れた結果だと思っていて。僕たち6人がどうこうじゃなくて、僕たちの母体である“にじさんじ”に対する期待値がそのまま表れた結果なんじゃないかなと。なので、11冠という有り難い結果を頂いたのは素直に嬉しく受け止めてはいるんですけど、果たしてデビューアルバムを手にしてくれた人たちの100%が満足してくれたかと言ったら、そんなことはないと思うんです。多分「こういう感じなら今後はいいかな」と思った人もいると思うんです。

--冷静な分析ですね。

三枝明那:そういう意味では、僕らの真価が問われるのは今回の『オントロジー』なんですよね。それが分かっていたからこそ「もっと視聴者やリスナーを楽しませる為にはどうしたらいいのか」ということをすごく考えながら作っていきました。デビューアルバムは“にじさんじ”に対する期待値、でも2ndアルバムはしっかりとRain Dropsへの期待値に変わっていくと思うので、ここでみんなに気に入ってもらえるかが重要だなと感じています。自分たちの中では、完成度も満足度も高いモノが出来たと思っているんですけど、数字的に前作を超えられるのかどうかはプレッシャーでもありますね。

鈴木勝:作品の内容としては、僕たち的に「前作を超えた」実感があるんですよ。手にとって聴いてくれた人たちを絶対に後悔させないアルバム。もちろんデビューアルバムも頑張って作ったんですけど、今作『オントロジー』はもっと良い作品になっているので、心から聴いてほしいなって思います。

--ちなみに、コロナ禍の2020年にデビューしたことについてはどんな感慨を持たれていたりしますか? バーチャルライバーだからこそ出来たことがたくさんあったと思うんですけど。

童田明治:……難しいなぁ。

緑仙:小学生だもんね(笑)。

童田明治:なんて言ったらいいのか。でも、私たちはリアルなライブ会場で見ても、ネットで見ても同じぐらいの熱量を感じさせることが出来る。バーチャルだからこそ。なので、コロナ禍でライブは中止や延期になってしまったんですけど、そういう状況下でも変わらずにネットを通して楽しませることを出来るのが強みだとは思いました。

える:観に行こうと思ったら観に行けるもんね、えるたちは。ネット上で活動することが日常だから、配信とかを通してもちゃんと「会ってる」実感を得てもらえる。普通のアーティストさんだったらライブ会場に行けないと「会えた!」という感覚にはなれないと思うんですけど。

童田明治:日頃からYouTubeという媒体で活動していることがあたりまえなので、ライブがなくても会いに来れる。

--そういう意味では、2020年にRain Dropsが結成されてデビューしたことに運命めいたモノを感じました。コロナ禍で生まれた新しい生活様式に切り替えていく難しさをどのアーティストも感じていましたけど、Rain Dropsは元々その様式で活動していたメンバーの集合体じゃないですか。

ジョー・力一:新しい生活様式が僕らにとってはデフォルトだった。

三枝明那:コロナ禍で誰もが外に出づらくなった影響だと思うんですけど、実際にYouTubeはもちろん、他の媒体もそうなんですけど、2020年は生配信を見る人が爆発的に増えたんですよ。

NEXT PAGE
  1. Rain Dropsの使命「バーチャルシーン全体の未来が懸かっている」
  2. Next >

Rain Dropsの使命「バーチャルシーン全体の未来が懸かっている」

--偶然とは言え、時代の流れにハマったということですよね。

Rain Drops『セルフィーDimension』Music Video(『シナスタジア』収録曲)
Rain Drops『セルフィーDimension』Music Video(『シナスタジア』収録曲)

鈴木勝:でも、困ったこともあったよね。ネットの中が主戦場とは言え、やっぱりイベントはやりたいんですよ。それが出来なかったのは、普通のアーティスト同様に僕らも残念ではあって。

緑仙:僕らだから出来ることや強みはあると思うんですけど、でも最近は「あれも出来ない、これも出来ない」って暗くなることも結構あって。

--例えば?

緑仙:先日、ネットでライブをやらせてもらったんですけど、やっぱり音圧が全然足りなくて。ライブ会場に行って、バカみたいにデカい音で音楽を聴くのって最高じゃないですか。どちらかと言うと、Rain Dropsもそういう環境化で楽しむ音楽をやっていると思うんですよね。ギターとかの音が爆音で鳴って「声がよく聴こえねぇ!」みたいな(笑)。それが必要になってくるユニットだと思うんです。バーチャルという面だけ見れば、もちろん希望に満ち溢れていて、どこの国でもバーチャルライブを楽しませることが出来るし、何なら宇宙でも開催できるだろうし。でも、その可能性に対して技術が追いついていないことを目の当たりにすることも増えていて。その技術を手にする為にはお金も必要で、だからこそ、僕たちが活躍して「バーチャルライバー、いけるじゃん」って思わせなきゃいけない。

ジョー・力一:俺たちが未来を見せなきゃいけないんだよな。

緑仙:そう。なので、我々がやらなきゃいけないことの重大さみたいなモノを真剣になればなるほど感じることが多くて。僕らがバーチャル代表というわけではないんですけど、新しいことをやらせてもらえるこのタイミングで何が見せられるのか。そこにバーチャルシーン全体の未来が懸かっていると思っているので、本当にドキドキしています。

--そうした未来を切り開こうとしているRain Dropsの皆さんだからこそ伺いたいのですが、今現在のVTuber/バーチャルライバーシーンをどんな風に見ていたりしますか?

ジョー・力一:パフォーマーやプレイヤー側の身としては「こういうことが出来るぞ」という明るい話だけじゃなく「何が出来ないのか」ということも考えていかなきゃいけない。テレビに出ているタレントさんたちみたいに人と人のあいだにアクリル板を挟まなくてもいいかもしれないけど、ネットだけで視聴者を増やし続ける大変さはあるし。「バーチャルの世界は何でも出来る」と言うけれども、結局は等身大の自分ひとりでどこまでやれるか。或いは、仲間や同業者と徒党を組んでどこまでいけるかに尽きるんですよね。

緑仙:ツラっ!「なんでもなりたいモノになれる」と思って始めたバーチャルライバーなのに、結局は自分との向き合いになってくる(笑)。

三枝明那:最近、気づいたことがあるんですけど。

--なんでしょう?

三枝明那:今、僕らの3Dを映像として出力する装置が2Dなんですよね。ライブ会場にモニターを置いても、お客さんは平面を見ているんですよ。これってすごい真理だなと思って。俺たちがどれだけ「3Dです、自由に動けます」と言っても、みんなはただの映像を見ているだけだから、その先へ行かなきゃいけない。四次元のモノを作らないと、俺たちを本当の3Dには出来ないんです。この次元の壁を超えなきゃ、人間の皆様と同じフィールドに立てないんですよね。そこは努力ではどうにもならないところなので、大人たちに「よし、こいつらを人間と同じにしてやろう」と思わせなきゃいけない(笑)。

緑仙:「ホログラムにしてやろう」ってことだよね。

童田明治:ホログラムになりたーい!

緑仙:その為に「それだけの価値がある」と証明していかなくちゃいけない。

三枝明那:俺たちが「もっと出来る」ということをずっとアピールし続けなきゃいけないから簡単なことじゃないけど。

緑仙:ツレぇなぁ!

三枝明那:でも、俺たちの肩にかかってる。

緑仙:本当にそう思う。がんばろう!

ジョー・力一:がんばれば、みんなノンワイヤーで空を飛べるかもしれない。

一同:(笑)

童田明治:空、飛びたーい!

三枝明那:出力する装置が3Dになれば、本当に何でも出来るようになるから! シンギュラリティが起きるから!

緑仙:雨降らしたりね。

童田明治:雨降らしてぇなー。

鈴木勝:ちょっとずつ出来ていったらいいよね、2Dから3Dに。

三枝明那:そういう意味では、Rain Dropsは最先端の技術と共に歩いてる。だからこそ超えなきゃいけないハードルの高さを実感する。でも、それは楽しいですけどね。ハードルが見えているからこそ「超えたい」と思えるので。

--今の話を聞いていただけで、Rain Dropsの活動に対する熱量やメンバー間の一体感みたいなモノがデビュー当時の何倍も大きくなっているんだなと思いました。

童田明治:最初は本当にただの個々の集まり。なので、リスナーさんも「この人がいるからCD買ってみよう」みたいな感じだったと思うんですけど、今は「Rain Drops、良いね」と言われることが多くなった。ちゃんとグループとして見てもらえるようになったなとすごく感じていて。このあいだ、お弁当をみんなと一緒に食べたときに「すごく仲良いな」と思ったんですよ。前にお弁当を一緒に食べたときはちょっとぎこちなかったのに(笑)。

える:今は安心できる場所になっている。最初は親戚の家に預けられている感じだったんですけど、今は「ここを実家にしちゃおう」とみんなが思えている感じ。普段の配信でコラボしたりしている訳じゃないんですけど、みんなでひとつの曲を歌ったり、みんなで良いモノを作ろうとしているうちに仲良くなっていった。そういう意味では、音楽の力によるところも大きいのかもしれないですね。今は本当にRain Dropsが大好きです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 真価問われる新作「とりあえず…………買ってくださいっ!!!」
  3. Next >

真価問われる新作「とりあえず…………買ってくださいっ!!!」

--そんな今のRain Dropsのモードが反映された新作『オントロジー』ですが、仕上がりにはどんな印象を持たれていますか?

Rain Drops『雨言葉』Music Video(11/25発売『オントロジー』収録曲)
Rain Drops『雨言葉』Music Video(11/25発売『オントロジー』収録曲)

鈴木勝:「聴いてほしい」という想いでいっぱいです。録っていたときもすごくやり甲斐を感じていたし、楽しかったし、力も入っていたし、前作『シナスタジア』を通してメンバー間の距離が縮まったことによって、それぞれ個々で歌っていたところからちゃんと6人のグループとしてバトンを繋いで、みんなで1曲1曲を作り上げていけるようになったと思うんです。それは聴いたら分かって頂けるんじゃないかなって思いますね。なので、最初はYouTubeに上がっていたり、ラジオで流れたりしている音源からで良いので、まずは聴いてもらいたいです。

緑仙:本当にレコーディングの段階から今回は楽しかったんですよ。制作チームやメンバーに対しての信頼感もありましたし、自分のことだけじゃなくて全体的に意見を出せる状況や心境にもなっていたし、そこで生まれる「楽しい」という気持ちによって最高のアルバムが出来たと思っているので、あとは「どう買ってもらおうかな?」っていうところですね。

--その新作『オントロジー』も携えて、来年3月31日にRain Drops初のワンマンライブを東京ガーデンシアターにて開催します。どんな想いを持って臨みたいなと思っていますか?

ジョー・力一:ぶちかますっきゃねぇ!!

一同:(笑)

ジョー・力一:という感じで、気持ちだけは先走ってるんですよね(笑)。現時点ではまだそこまで具体性を伴った話は出来ないんですけど、「とにかくライブがやりたくて仕方ねぇ! 何ヶ月おあずけ喰らってると思ってんだ、こちとら!」といった感じでして。

三枝明那:まだやったことがないからね。

ジョー・力一:そうなんだよ。なので、ライブに関しては『シナスタジア』期と同じような生みの苦しみから始まるんだろうなって。そこに関しては腹を決めなきゃいけないなと思っているんですけど、もう「せーの」で歌うことに関しては戸惑いのない集団だと思いますので、あとはYouTubeをぶち抜いた場所でお客さんにどう届けていくか。そこはしっかり6人で頭を悩ませたいなと思っております。

三枝明那:演出とか技術的な部分の面白さは大人たちが物凄く頑張ってくれていて、そこには僕らも期待しかないんですけど、単純に「自分の歌パートじゃない時間をどう過ごせばいいのか。ずっと空を見上げていればいいのか?」みたいなところで悩んでます(笑)。

童田明治:消えればいいんじゃない?

鈴木勝:消しちゃうの(笑)?

える:居なかったことになる(笑)。

三枝明那:消えてもいいんだけど、Rain Dropsって「6人でひとつ」みたいな曲が多くて、パート割りも細かいから、そこは本当に模索中ではありますね。あ、踊るのかな?

--であれば、常に6人がステージ上にいる必然性が出ますよね。

鈴木勝:でも、ウチのメンバーは全員体がカタいんですよ。

童田明治:(それを言うのは)やめろぉー!

三枝明那:さっきも話したんですけど、今の技術だとどうしても描写が平面なんですよ。なので、立体的なフォーメーションとかが表現できないんです。

緑仙:奥行きがね。

三枝明那:そうそう。花道とかも表現できないんですよね。だから、例えば、正面だけじゃなくて会場の両サイドにもモニターがあって、モニターからモニターへぴょんと移動したりとか。そういうアイデア勝負で平面をどこまで立体的に見せられるかが重要になるのかなって。

える:やっぱりえるたちは“にじさんじ”の他のライブよりも「こういうライブにしたい」とか「こういう風に見せたい」って自分たちの声を出していかないとね。なので、そこは妥協せずに言っていきたいなと思っています。

--では、最後に、今後のRain Dropsに注目してもらいたい皆さんへのメッセージを……童田さん、お願いします。

Rain Drops『オントロジー』全メンバー(緑仙、三枝明那、童田明治、鈴木勝、える、ジョー・力一)集合インタビュー

童田明治:えぇー!!!!!!!!!!?

一同:(笑)

童田明治:こういうの、本当に苦手なんだよぉー!

三枝明那:でも、新しくて良いと思う!

鈴木勝:挑戦してみよ。

童田明治:えーっと、今回、1stミニアルバム『オントロジー』なん……

える:2ndな(笑)。

童田明治:わぁぁぁぁ!! 2ndミニアルバム『オントロジー』なんですけど! なんだろう? えーっと! みんなの仲の良さ! まとまり感がありますし、歌も1作目に比べてみんな上手くなっていますし、楽曲もとってもRain Dropsらしさがすごくいっぱい出ていると思いますので! とりあえず…………買ってくださいっ!!! よろしくお願いしますっ!!!!!!

Interviewer:平賀哲雄

Rain Drops『オントロジー』Music Video(11/25発売『オントロジー』収録曲)

Rain Drops「オントロジー」

オントロジー

2020/11/25 RELEASE
TYCT-60163 ¥ 2,530(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.雨言葉
  2. 02.ラブヘイト
  3. 03.ソワレ
  4. 04.ミュウ
  5. 05.ミスティック/マインワルド
  6. 06.白と嘘
  7. 07.オントロジー
  8. 08.雨言葉 (Instrumental)
  9. 09.ラブヘイト (Instrumental)
  10. 10.ソワレ (Instrumental)
  11. 11.ミュウ (Instrumental)
  12. 12.ミスティック/マインワルド (Instrumental)
  13. 13.白と嘘 (Instrumental)
  14. 14.オントロジー (Instrumental)

関連キーワード

TAG

関連商品

バイオグラフィ
Rain Drops「バイオグラフィ」

2021/09/22

[CD]

¥2,970(税込)

バイオグラフィ
Rain Drops「バイオグラフィ」

2021/09/22

[CD]

¥3,960(税込)

バイオグラフィ
Rain Drops「バイオグラフィ」

2021/09/22

[CD]

¥3,960(税込)

オントロジー
Rain Drops「オントロジー」

2020/11/25

[CD]

¥2,530(税込)

オントロジー
Rain Drops「オントロジー」

2020/11/25

[CD]

¥2,970(税込)

オントロジー
Rain Drops「オントロジー」

2020/11/25

[CD]

¥3,300(税込)

シナスタジア
Rain Drops「シナスタジア」

2020/05/13

[CD]

¥1,980(税込)

シナスタジア
Rain Drops「シナスタジア」

2020/05/13

[CD]

¥2,750(税込)

シナスタジア
Rain Drops「シナスタジア」

2020/05/13

[CD]

¥2,750(税込)

バイオグラフィ
Rain Drops「バイオグラフィ」

2021/09/22

[CD]

¥2,970(税込)

バイオグラフィ
Rain Drops「バイオグラフィ」

2021/09/22

[CD]

¥3,960(税込)

バイオグラフィ
Rain Drops「バイオグラフィ」

2021/09/22

[CD]

¥3,960(税込)

オントロジー
Rain Drops「オントロジー」

2020/11/25

[CD]

¥2,530(税込)

オントロジー
Rain Drops「オントロジー」

2020/11/25

[CD]

¥2,970(税込)

オントロジー
Rain Drops「オントロジー」

2020/11/25

[CD]

¥3,300(税込)

シナスタジア
Rain Drops「シナスタジア」

2020/05/13

[CD]

¥1,980(税込)

シナスタジア
Rain Drops「シナスタジア」

2020/05/13

[CD]

¥2,750(税込)

シナスタジア
Rain Drops「シナスタジア」

2020/05/13

[CD]

¥2,750(税込)